自然電気

新電力「自然電気」の評判は?メリット・デメリットについて

“A子さん”
“A子さん”
「自然電気」って初めて聞いたけど,どこの会社の電気なの?
“新電力マン”
“新電力マン”
「自然電気」は福岡県のある自然電気株式会社が供給している新電力だよ。
“A子さん”
“A子さん”
どんな会社なの?
“新電力マン”
“新電力マン”
名前の通り自然エネルギーを利用した新電力を提供している会社だよ。今回は自然電気の特徴とメリット・デメリットについて解説していくね。

自然電気とは

自然電気とは太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業を行う「自然電気株式会社」が行う新電力会社になります。本社は福岡県にあり自然電力は実質自然エネルギーで電気を供給しております。使用する電気代の1%が、自然エネルギーを増やすために使われております。自然エネルギーに関心に高い人を意識した料金プランとなっております。

自然電気の料金プラン

自然電気のは3つの料金プランがあります。

「SE100プラン」

自然電力グループがつくった発電所から電力を供給し、実質的に100%自然エネルギーの電気になります。CO2排出量ゼロにもなっており自然や環境意識が高い方に人気のプランになります。電気の購入は市場連動型プランは市場価格に連動して電気料金単価が決まるプランとなっており、市場が安ければ安い電気を購入でき市場が高ければ電気代も高くなります。仕入れの単価は30分毎に変動するという仕組みです。この市場連動タイプは注意が必要です。2021年の冬の電力市場の仕入価格は寒波と需要により何倍の価格にも跳ね上がりました。電力の需要が逼迫すると電気代が大幅に高くなるので注意が必要です。

「SE30プラン」

実質的に30%の自然エネルギーになります。できるだけCO2を削減したい方のプランとなっております。こちらもSE100と同様で市場連動型になりますが、KW当たりの単価が1円ほど安いです。

「SEデビュープラン」

実質的に3%の自然エネルギーになります。再生可能エネルギーの比率は下がりますがKW当たりの単価が「SE100」に比べて1.4円ほど安いためリーズナブルな料金で自然エネルギーを活用することができます。

市場連動型プランの注意点

先ほども記載しましたが「市場価格連動型」の料金プランの選択には注意が必要です。2020年末~2021年1月に掛けて、全国的に厳しい寒さの影響を受けて全国的に電力の需給がひっ迫しました。市場連動型の電力の仕入れの「電力卸市場」では1kwh当たりの価格が関東エリアで250円/kwhと、前年比で25倍程度の水準まで値上がりになりました。SNS上では「電気代が10万円以上」などの不安の声が広がりました。市場連動型プランは市場の価格が安いと時にはメリットがありますが、市場の価格が上がると大幅に電気代が高騰する可能性がありますので注意が必要です。

自然電気のメリット

実質的に自然エネルギー由来の電気

自然電力では、非化石証書にの購入により実質的に自然エネルギー100%の電気が使用できます。「SE100プラン」はCO2排出係数ゼロになります。

市場連動型プラン

自然電力の電気料金プランは、市場連動型プランです。市場の取引価格によって電気料金の単価が決まりますが、市場の電気が安定的な価格の場合安い電気を仕入れることができ電気代が安くなります。

自然電気には解約金・違約金がない。

解約金がないのでお試しに契約もできます。会社によっては解約事務処理手数料何千円という会社や1年縛りなどがあります。自然電気はいつでも他社に変更できると気軽さがあります。

自然電気のデメリット

自然電力には、以下のようなデメリットがあります。

「市場連動型プラン」

メリットのところにも記載しましたが、自然電力の電気料金プランは、市場連動型プランのため電気の需要が逼迫した時は市場の電気の単価が大幅に値上がります。そのため電気代が大幅に上がる可能性もあります。市場連動型は株価の変動と同じように市場に左右されるためリスクがあります。

電気料金は他の新電力の方が安い場合もある

自然電気は市場連動型のため、価格変動するリスクはなく安定的に電気代を安くしようとするなら、他の新電力会社を検討してみましょう。電気の単価だけでみてみればエルピオでんきENEOSでんきなどの安い会社もあります。新ん電力会社のシュミレーションサイトもあります確認してみてください。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年9月】 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

明細がWEBのみで、検針票がない

自然電気の電気の使用量の明細は郵送されず、WEB明細となります。2020年秋頃から大手電力会社も検針表の郵送を廃止し、順次WEBに変更になっておりますが、紙の明細で家計簿をつけて保管している方はWEBから印刷しますので多少手間になってしまいます。

セット割りがない

新電力会社はガスのセット割などで月々のガス代が値引きされたりするセットプランがありますが、自然電気ではセット割はありません。光熱費は全体で考えるとセット割がある新電力会社の方が光熱費は安くなる場合がほとんどです。

自然電気にオススメな人

新電力会社が数ある中で自然電気に向いている人の特徴について紹介します。

1:自然エネルギー100%→地球に優しいクリーンなエネルギーを利用したい人

2:CO2排出量0への環境への関心がある方

3:市場連動型で電気を購入したい方→安くなることもあるが、高くなることもあり年間を通じて市場の動向を確認する必要があります。

 

自然電気は自然エネルギーを使い環境の貢献できるクリーンな電気が最大の魅力です。多少のリスクはあってもCO2排出量ゼロの電気を使用したい人にオススメの電気になります。

自然電力にオススメじゃない人

自然電気に逆にオススメじゃない人はこんな人です。

1:電気代を安くしたい人→市場連動型の仕入は変動するので電気代も変動しますが、電気代を常に安定的に下げたい方は他の新電力会社の方が安くなる可能性もあります。

2:安定した価格を求めている方
自然電気は「市場連動型」の電気となっているため夏場のエアコンの需要が高まる時期や冬場の寒い時期などは電力が高騰するため電気代が上がる可能性があります。

 

自然電気の申し込み方法

自然電気の申し込みは、公式サイトのみでの受付となっています。申し込みには事前に準備するものがあります。それは毎月電力会社から送られてくる【検針票】になります。この検針票に記載してある「供給地点特定番号(22桁)と「お客様番号(会社によって異なる)」が必要となります。お手元に【検針票】がない方は現在の電力会社に電話すれば教えてくれます。あとはクレジットカードがあれば入力フォームに沿って必要事項を入力すれば大丈夫です。申し込み完了後、次回検針日より、まちエネ切り替わります。(検針日にもよるが約1ヶ月)

エネチェンジ電力比較

自然電気のキャンペーン

現在は自然電気のキャンペーンは行っておりません。

まとめ

今回は自然電気の特徴やメリットデメリットについて解説してきました。世界が環境問題を考えるようになった現代は自然電気のような自然エネルギーを私たちが率先して利用して行くことが環境問題に少しでも貢献することができます。電気代は市場連動型を上手く利用し電気代を安くすることは可能です。新電力会社はどこが一番いいという会社はありません。さまざまな会社がある中であなたのライフスタイルにあった最適な会社を見つけてみてくださいね。