レンジフード

レンジフード購入ガイド:ホームセンターとガス屋、どこで買うのが最も安い?徹底比較

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

レンジフードの交換を考えているけれど、どこに頼むのが一番お得で安心できるのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。レンジフードはキッチンの大切な設備であり、適切な業者に依頼することで長く安心して使うことができます。しかし、どこで購入し、どの業者に頼むのが最適なのかを判断するのは難しいものです。この記事では、レンジフードの交換を検討している方に向けて、購入場所の選び方や信頼できる業者の見つけ方について詳しく解説していきます。これからレンジフードを交換しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

レンジフードの種類

まず初めにご自宅についているレンジフードの種類を確認してみましょう。あなたのご自宅についているレンジフードは以下の3点どれかに当てはまるはずです。

①ブーツ型(深型、スタンダード型)

一般的に普及しているのがこのブーツ型と言われるレンジフードになります。多くの家庭で採用されており「スタンダード型」とも呼ばれれております。ブーツ型のメリットはフードの形状をしており構造が単純でどのキッチンにも合いますし空気の吸い込み口が広いため、換気性能も安定しております。デメリットとしてはどうしても掃除に手間がかかってしまいます。

②スリム型(薄型)

スリム型の特徴はスタイリッシュでインテリアとしても人気が高く、なおかつ油汚れがつきにくいとレンジフードの中で一番人気があります。スリム型のメリットはお手入れのしやすさです。汚れがつきにくいコーティングや油汚れを自動的に弾いたりする機能も搭載されております。デメリットは他のレンジフードより値段が高いことだけです。長く使うものだから少し高くても掃除しやすい方が良いと思う方ははスリム型がおすすめです。

③フラット型(浅型)

フラット型はブーツ型やスリム型と比べると薄くコンパクトなレンジフードになります。天井が低いキッチンや狭いキッチンでも設置することが可能です。フラット型はブーツ型同様に定期的な掃除が必要になります。ガスコンロの真上に設置されているので汚れがつきやすいです。

3つのレンジフードの特徴を整理するとこんな感じになります。

特徴メリットデメリット
ブーツ型(深型・スタンダード型)一般的なデザイン価格が安い掃除がしにくい
スリム型スタイリッシュなデザイン掃除が楽・機能が充実している価格が高い
フード型(浅型)コンパクト低い天井でも設置できる掃除がしにくい

 

レンジフードのファンの種類

レンジフードは形だけではなくファンの種類にも2種類のタイプがあります

①シロッコファン

シロッコファンとは、スリム型、ブーツ型に採用されているレンジフードになります。シロッコファン特徴はダクトを使って排気するファンになります。ダクトのためどこでも排気できるので自由な場所に設置することができるので屋外と隣接していなくてもレンジフードを設置することが可能です。シロッコファンは排気する力が強いため外の風の影響を受けにくい特徴があるため集合住宅や高層マンションで採用されております。

②プロペラファン

プロペラファンとは扇風機のような羽のような排気ファンになります。シロッコファンのようにダクトで排気するのではなく壁に直接プロペラを取り付けて屋外に排出します。風が強い日は室内に風が入ってきたリ、風が強いとプロペラが止まったりする可能性があるのがデメリットになります。プロペラファンはシロッコファンと比べると価格は安いです。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
レンジフードの種類を確認した上で、それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解し、ご自宅に最適なタイプを選びましょう。そして、信頼できる業者を見つけて適切に交換を行うことで、快適なキッチン環境を維持することができます。次はどこで購入するのが最もお得か、そして信頼できる業者をどのように見つけるかについて詳しく解説していきます。

レンジフードの交換を依頼するなら?お得で安心できる業者の選び方ガイド

それでは、ここからはレンジフードの交換を依頼できる業者の種類について詳しく見ていきましょう。レンジフードの交換を検討する際に、どの業者に依頼すれば良いのか迷うことがあるかもしれません。適切な業者を選ぶことで、スムーズな交換作業と高い満足度を得ることができます。この記事では、レンジフードを交換できる業者の種類と、それぞれの特徴やメリットについて解説していきます。これを参考に、信頼できる業者を見つけ、快適なキッチン環境を手に入れましょう。

①ホームセンター・家電量販店

レンジフードを買い替えようと思った時真っ先に思い浮かぶのが、ヤマダ電機やホーマックなどの家電量販店かホームセンターになりますよね。家電量販店の特徴は保証が充実しているところになります。メーカー保証プラスでヤマダ電気の保証がついてくるので長い保証を得ることが可能になります。

メリット:

  • ワンストップサービスで手間がかからない
  • セールやキャンペーンでお得に購入できる

デメリット:

  • 取り付け業者の技術力は店舗によって異なることがある

②レンジフード専門の会社

レンジフード専門の会社はやはり価格が安いです。レンジフードは実は富士工業という会社が国内の家庭用レンジフードのシェア60%以上を占めておりますその最大手メーカーがレンジフードを直接販売しているのが「富士工業公式オンラインショップ」になります。メーカーの公式サイトからの販売になりますので安心して利用できます。



 どこに頼むのか悩んでいる方は一番安心できる国内最大手の富士工業のオンラインショップが一番おすすめです。価格もネットショップなので安いです。無料相談は住所と名前と電話番号と駐車場の有無、メールアドレスで簡単に申し込みできます。

メリット:

  1. 価格が安い: 専門の会社は中間業者を挟まないため、価格が比較的安く抑えられることが多いです。
  2. 品質保証: メーカー直販なので、製品の品質やアフターサービスが保証されており、安心して利用できます。
  3. 専門知識: 専門業者ならではの豊富な知識と経験を活かしたアドバイスやサポートを受けることができます。
  4. 豊富な選択肢: 公式オンラインショップでは、最新モデルや多様なデザインのレンジフードを取り揃えているため、自宅のキッチンに最適な製品を選べます。
  5. 簡単な購入手続き: オンラインで簡単に注文でき、取り付けサービスも依頼できるため、手間がかかりません。
  6. 直接対応: メーカーが直接対応するため、購入後のサポートやメンテナンスの対応がスムーズです。

メリットを考慮すると、レンジフード専門の会社や公式オンラインショップでの購入は、コストパフォーマンスと信頼性の面で非常に優れた選択肢となります。オススメです!

 

【富士工業公式サイト】

③ガス会社・リフォーム会社

レンジフードはコンロと一緒に使用するものですのでガス会社も強いです。ガス会社でコンロと一緒に購入するとセット割引でかなり安くしてくれるガス会社もあります。ガス会社に相談することもオススメです。価格を重視するならネットのガス機器販売会社がおすすめです。特におすすめなのが東京ガスです。東京ガスのため実績と信頼は絶大です。相見積もりする1社には最低入れておいた方がいいでしょう。東京ガスはは関東圏(東京、群馬、栃木埼玉、茨城、千葉、神奈川、山梨県)であれば東京ガスでガスを供給していない方でも利用できます。

1. セット割引がある

  • メリット: ガスコンロと一緒にレンジフードを購入することで、セット割引を受けられることがあります。これにより、個別に購入するよりもコストを抑えることができます。
  • 具体例: ガス会社によっては、コンロとレンジフードを同時に購入すると、特別割引が適用されることがあり、総額での節約が期待できます。

2. 専門的なアドバイスを受けられる

  • メリット: ガス会社はガス機器に関する専門知識を持っており、最適な製品選びや設置方法についてのアドバイスを提供してくれます。
  • 具体例: ガスの安全性や効率性を最大限に引き出すためのアドバイスを受けることができます。

3. 信頼と実績

  • メリット: 特に東京ガスのような大手ガス会社は、長年の実績と信頼を持っているため、品質やサービスの面で安心感があります。
  • 具体例: 東京ガスは関東圏内で広くサービスを提供しており、多くの顧客からの信頼を得ています。

4. 利用可能な範囲の広さ

  • メリット: 東京ガスは、ガスの供給範囲内でなくても利用可能です。これは、特に関東圏に住んでいる場合に便利です。
  • 具体例: ガスの供給が東京ガスでない地域でも、東京ガスのサービスや製品を利用できるため、選択肢が広がります。

5. 価格競争力

  • メリット: ネットのガス機器販売会社を利用することで、価格を重視する場合に非常に競争力のある価格で購入できます。
  • 具体例: オンラインショップを利用して、複数の販売店から相見積もりを取ることで、最もコストパフォーマンスの高い選択が可能です。

これらのメリットを考慮すると、ガス会社やリフォーム会社を利用してレンジフードを購入することは、多くの利点を享受できる選択肢と言えるでしょう。

【東京ガス公式サイト】


“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
レンジフードを交換するときはどこに頼めばいいかわからないですよね。一つは最大手の富士工業の公式オンラインからお見積もりを取るのがいいと思います。

レンジフードの寿命について

レンジフードはキッチンの空気質を保つために不可欠な機器で、その寿命は一般的に約10年とされています。しかし、使用頻度やメンテナンスの方法によっては、この期間より早く機能が低下することがあります。例えば、油の蓄積やフィルターの詰まりが原因で、換気効率が落ちたり、異音が生じたりすることがあります。これらの兆候が見られる場合、たとえ使用開始から10年未満であっても、レンジフードの交換を検討すべきです。

故障したレンジフードを放置すると、キッチンの空気が不健康な状態になる恐れがあります。

特に、コンロの使用時には一酸化炭素中毒のリスクが高まるため、早急な対応が必要です。また、古いモデルのレンジフードは現代のキッチンに求められる効率や機能面で見劣りすることが多く、交換によってキッチンの機能性や安全性が向上します。レンジフードの適切なメンテナンスは寿命を延ばす鍵です。定期的な清掃やフィルターの交換は、性能の低下を防ぎ、長期にわたって安全に使用するために重要です。

しかし、メンテナンスにも限界があり、効率が著しく低下したり、修理が困難な場合は新しいレンジフードに買い替えを考えるべきです。最新のレンジフードは、省エネルギー性、静音性、強力な換気能力など、たくさんのメリットがありますよ。

レンジフードの交換費用の相場

レンジフードの交換費用は、選択する機種のタイプや機能によって大きく異なります。最も基本的なプロペラファンタイプの場合、交換費用は1万~2万円程度で済むことが多いです。一方で、高機能でお手入れが容易なシロッコファンタイプのレンジフードでは、20万円を超える製品も珍しくありません。

レンジフードの交換費用を考える際、重要なのは本体の価格だけではなく、工事費用も含める必要があることです。シロッコファンタイプの交換の場合、工事費用は一般的に35,000円~50,000円程度となりますが、これはあくまで平均的な価格であり、設置状況や追加作業の必要性によってはこれより高くなる可能性もあります。

工事費用には、古いレンジフードの撤去費用、新しいレンジフードの設置費用、必要に応じた配管や電気工事の費用が含まれます。特に、キッチンの構造に合わせたカスタム作業が必要な場合や、既存の配管や電気設備が新しいレンジフードに対応していない場合には、追加の工事費用が発生することがあります。

また、レンジフードの交換を検討する際には、エネルギー効率や静音性、フィルターの性能なども考慮する必要があります。省エネルギー性の高いモデルや、特に静かに運転するモデルは初期コストは高くても、長期的には運用コストを節約できることがあります。

さらに、フィルターの清掃や交換の容易さも重要な要素です。手入れがしやすいモデルを選ぶことで、日々のメンテナンスが容易になり、長期間にわたってレンジフードを最適な状態で保つことが可能になります。

費用内容
レンジフード本体代レンジフード本体の価格
工事費・取り付け工事費
・既存レンジフードの撤去費用
・既存レンジフードの廃棄費用
・出張費(現場までの距離によって違う)
・その他(駐車場や養生費等)
部材費・幕板費 
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
レンジフードは業者によって見積もり内容が違うから最低でも2社からお見積もりを取りましょう。レンジフードの交換はキッチンの機能性と安全性を大きく向上させるため、費用と利便性を慎重に考慮して選ぶことが重要ですよ。 

 

レンジフード交換前に必読!費用と選び方の全知識【完全版】レンジフードの交換を考えている方必見!今回は、レンジフードの交換前に知っておきたい費用や選び方について、詳しく解説します。レンジフードの...

レンジフードが故障したら交換と修理どちらがいい?

レンジフードの故障に直面した際、修理か交換かの選択は難しいです。故障の程度により、小さな問題なら修理で対処可能ですが、大きな損傷や古いモデルの場合、修理コストが高くなることも。特に、古いモデルの場合は部品の入手が困難で、修理費用が新品購入に匹敵するかそれ以上になることもあります。こうした状況では、新しいレンジフードへの交換を検討するのが賢明です。新しいモデルは効率も良く、長期的に見ればコストパフォーマンスが高い場合が多いです。

レンジフードの交換のポイントは?

レンジフードの交換で失敗しないためには下記のポイントを押さえておきましょう。

ポイント①見積もりは複数取りましょう

価格を比較するために見積もりはリフォーム業者やホームセンター、家電量販店等複数の見積もりを比較することは非常に重要です。

比較する際には、以下のポイントに注意してください。

  1. 工程ごとの単価の明示: 見積書には各工程ごとの単価が明確に記載されているか確認しましょう。これにより、追加費用の発生を事前に予測できます。
  2. 料金が相場内か確認: 見積もりの金額が一般的な相場内に収まっているか確認しましょう。極端に安い場合は品質に不安があるかもしれませんし、高すぎる場合は他の選択肢を検討する必要があります。

ポイント②レンジフードの見積もりがわかりやすいこと

レンジフードの交換工事で気をつけておきたいポイントがあります。それは本体価格とは別にレンジフードの交換工事代がかかることです。交換業者に見積もりを依頼する場合は必ず、事前に追加料金など確認しておきましょう。レンジフードは基本的に追加工事費用はなしと考えて大丈夫です。複数の見積もりを比較することで信頼性のある選択をする手助けとなります。

ポイント③今ついている機種の買い替えを選ぶ

今ついている機種がプロペラでしたらプロペラ換気扇を選択し、今ついているのがシロッコでしたらシロッコファンにしましょう。できるだけ費用を抑えたいのであればあればお掃除機能などの余計な機能はつけないようにしましょう。

ポイント④機能性・清掃性

最近のレンジフードはお掃除がとっても楽な機能がついている機種があります。ボタン一つで自動的に洗浄してくれる掃除が便利なレンジフードなどありますので機能性で選ぶのも選択肢の一つです。

ポイント⑤集合住宅の場合は

賃貸の集合住宅の場合はレンジフードの交換を検討する場合、事前にオーナーさんへ確認をしましょう。

レンジフードの交換は設備のリフォームに該当し、契約内容によっては大家さんが経年劣化に伴う修理を担当することが一般的です。したがって、見積もりを取得する前には以下のポイントに留意しましょう。

  1. オーナーへの確認: レンジフードの交換が必要な場合、契約内容によっては大家さんが修理をしてくれます。
  2. 契約内容の確認: 契約書や賃貸契約の内容を確認し、修繕に関する規定があればそれに従いましょう。大家さんが担当するべき範囲がどこまでかを理解することが重要です。
  3. 修理費用の取り決め: もし修理が大家さんの責任範囲外である場合、修理費用や交換費用についての合意を取り決めておくと、後々のトラブルを未然に防げます。

フジオーショップ公式サイト

まとめ

今回はレンジフードを交換するときの費用や業者の選び方について解説しました。レンジフードの交換費用をできるだけ安くするには複数の業者から見積もりを取るのが鉄則です。ご紹介した富士工業のオンラインショップや東京ガスグでしたら大手ですので安心して任せられますので参考にしてみてください。