毎日の暮らし

電気ストーブの電気代がメチャクチャ高い?他の暖房器具の比較は?

冬の暖房器具の中でも給油の手間などなく簡単にお部屋を温めることができる電気ストーブですが、電気ストーブの電気代って結構高いんですよね。今回は電気ストーブの電気代から効率的な使い方までを紹介していきます。

電気ストーブ電気代ってどれくらい?

電気ストーブには様々な種類がありますが、一般家庭用の電気ストーブは消費電力が300W~1,000W程度のものが多いです。1Kwあたりの電気の単価を27円で計算すると1時間あたりの電気代は、8円~27円程度となります。

【電気ストーブの電気代計算方法】

電気代=「消費電力(kWh)× 電気料金単価(円/kWh)」で算出が可能です。

例えば500Wの消費電力であれば、1時間あたりの電気代はこのような計算式になります。

500W÷1000=0.5kWh

0.5kWh×27円/kWh=13.5円

1日8時間つけると108円、1ヶ月で3,240円の計算になります

電気ストーブは種類で電気代が変わる

電気ストーブは種類があり大きく分けて3種類あります。それぞれ種類によって特徴や消費電力が異なりますので、1つずつ解説していきます。

【ハロゲンヒーター】

ハロゲンヒーターとは、ガスや灯油などを燃焼させないでハロゲンランプから放射される近赤外線ふく射熱で空間を暖めます。遠赤外線が当たった場所が直接温まる仕組みで温風は出ません。足元や脱衣場で利用する人が多いです。スイッチを入れればすぐに温まりますが、消費電力は300~1,200W程度のものが多く、ほかの暖房器具と比べて、消費電力が大きいのも特徴です。

【カーボンヒーター】

カーボンヒーターは、炭素繊維に電気を流して温める暖房器になります。ハロゲンヒーターと似ていますが、近赤外線ではなく遠赤外線のため体の芯まで暖まりやすく、冷え症の方などにおすすめです。赤外線放射量は、ハロゲンヒーターの約2倍ですので同じ温度を温めるのも電気代が半分で済みます。消費電力は300~900W程度のものが多いです。

【シーズヒーター】

シーズヒーターとは、遠赤外線のふく射熱であたためる暖房器具です。カーボンヒーターよりも遠赤外線を放射する量が多いため、暖房能力が高いです。コンパクトで持ち運びしやすい商品が多いです。消費電力は200~1,200W程度のものが多いです。

【セラミックヒーター】

セラミックファンヒーターはハロゲンヒーターやカーボンヒーターと違いファンがついているため温風が出ます。空気を温めることができるため部屋全体を温めることができます。セラミックヒーターの最大消費電力は650~1,200Wになります。

【パネルヒーター】

パネルヒーターとは側面がパネル一枚で覆われております。パネルの輻射熱を利用して暖めます。空気が汚れにくく火災や一酸化炭素中毒の心配もないため安全性が高いです。また軽量のため持ち運びも楽です。パネルヒーターの消費電力は700W~1600Wです。強モードで長時間使用するとかなりの電気代がかかります。

【暖房器具の電気代】

これまで紹介した電気ストーブの電気代の一覧表になります。

暖房器具消費電力1時間あたりの電気代
ハロゲンヒーター300~1200W8.1円~32.4円
カーボンヒーター300~900W8.1円~24.3円
シーズヒーター200~1200W5.4円~32.4円
セラミックヒーター650~1200W17.55円~32.4円
パネルヒーター700~1600W18.9円~43.2

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
電気ストーブは種類がたくさんあって消費電力も違いますが、最大消費で力は1,000Wを超えているため最大消費で長時間つけている電気代も高くなります。

他の暖房器具との比較は?

pastedGraphic.png

電気ストーブは最大消費で使用すると電気代が高いのがわかりました。それでは他の暖房器具と比べるとどうなのでしょうか?他の暖房機の1時間あたりの電気代を見てみましょう

【1時間あたりの電気代】

暖房器具消費電力電気代
オイルヒーター600~1500W7.0~40.0円
エアコン680W18.36円
電気ストーブ300W~1,200W8円~32円
ホットカーペット(3畳用)750W18~20円
こたつ100~600W2.0~4.0円
床暖房(8畳)1500W40円

※電気代は1kWhあたり27円での計算

暖房器具は消費電力が高いほど電気代がかかってきます。上記の一覧表を見てみると電気ストーブはオイルヒーターや床暖房に比べると安いです。エアコンは一旦部屋の温度が温まってしまえばあとは消費電力が少なく済むのでそこまで電気代はかかりません。こたつが一番電気代がかからない暖房器具になりますね。

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年11月】失敗しない選び方! 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

電気ストーブのメリット

電気電気代がわかったところで電気ストーブのメリット・デメリットを見ておきましょう。

電気ストーブのメリット①空気を汚さない

電気ストーブは石油暖房器やガス暖房器のように燃焼せず電気で暖めるので室内の空気を汚しませんし空気を乾燥させることもありません。

電気ストーブのメリット②即暖性が高い

電気ストーブのはスイッチひとつですぐに温めることができるのが魅力です。石油ストーブ用のように時間がかることもありません。暖めたい部分をすぐに暖めることができます。

電気ストーブのメリット③どこでも使用できる

電気ストーブは小型でコンパクトな設計が多いでのコンセントがあればどこでも対応可能です。

電気ストーブのメリット④安価に購入できる

電気ストーブの魅力は安価に購入できることです。一般的な性能のものであれば5,000円~10,000円ほどで購入が可能できます。暖房器具となると数万円かかりますので初期投資もお財布に優しいです。

電気ストーブのデメリット

電気ストーブはメリットが多いですが、デメリットの部分もありますの確認しときましょう。

電気ストーブのデメリット①部屋全体が温まるわけではない

電気ストーブは熱が当たっている正面だけしか暖まらないので寒い部屋全体を温めるには不向きになります。エアコンやファンヒーターののように部屋全体を温めることはでできません。

電気ストーブのデメリット②電気代がかかる

電気ストーブは電気代がかかりますが、床暖房やオイルヒーターよりは経済的ですが、灯油を使用する暖房器具の方が経済的には割安になります。電気代を削減するため効率的な使い方をしましょう

電気ストーブのデメリット③災害時など電気供給が止まると使えない

災害時に電気が止まってしまうと電気ストーブは使えなくなります。電気が止まってしまった時に使用できる暖房器具は灯油ストーブやガスストーブになります。

効率的な電気ストーブの使い方3選

電気ストーブは、スイッチが入っている間は常にヒーターに電気が流れ続けるので、使用時間が長くなればなるほど消費電力量が増え、電気代が高くなります。そのため、使用時間をできるだけ短くすることが電気代を抑えるポイントになります。最後に電気ストーブの効率的に使用し電気代を削減する方法3選を紹介します。

電気代を削減する方法①エアコンと併用する

電気ストーブは部屋全体を温めることに不向きなため部屋全体を温めるために消費電力が安いエアコンを併用ましょう。

電気代を削減する方法②加湿器を利用する。

部屋の湿度を上げると体感温度が上がるため、電気ストーブの温度を低めに設定しても暖かく感じられます。電気代の削減にも繋がりますね。

電気代を削減する方法③電力会社を変更する

ウォーターサーバーの電気代を削減するだけではなく家庭全体の電力会社の見直しも行うべきです。家庭用の電力は2016年に自由化になりました。私たちは大手電力会社だけではなく自由に電力会社を選択できます。東京電力や関西電力などの大手電力会社からLooopでんきなどの新電力会社に変更するだけで年間数万円も削減できる可能性があります。新電力会社のプランを一括シュミレーションしてくれるサイト、エネチェンジを利用すると簡単にあなたの家庭に合った電力会社を紹介してくれます。エネチェンジは上場している会社で業界No. 1の会社です。あなたのライフスタイルに合った電力会社や電気料金プランを見つけてみましょう。国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから



冬の電気代が高い方は新電力会社へ変更がお得!

冬場の電気代って高くないですかね?冬場は暖房を使うので電気代がどうしてもかかってしまいます。この冬場の電気代を安くする方法があります。それは電力会社を変更することです。ここでおすすめの新電力会社を紹介します。今回は新電力会社でも特に人気の3社を紹介します。

おすすめ新電力会社①Looopでんき



 新電力会社で一番人気の「基本料金が0円」のLooopでんきがおすすめです。現在契約者数30万突破し口コミや評判も非常に良好です。Looopでんきは解約手数料も0円であるために試しに契約もできます。Looopでんきは電気の使用量が多い分お得になりますので電気をたくさん使うご家庭に特におすすめできます。

【Looopでんき公式サイト】

Looopでんきは本当に安いのか?メリットデメリットや口コミを徹底解説 Looopでんきは、新電力会社を探していると、ネットで必ず出てきます。ネット上の評判もよく、契約30万世帯と人気の電力会...

おすすめ新電力会社②あしたでんき



 あしたでんきは東京電力グループの新電力会社になります。新電力への参入は早くはなかったですが、東京電力のブランドで右肩上がりに契約件数を伸ばしています。やはり東京電力ブランドがありますので安心して契約ができるという声があります。このブランド力が「あしたでんき」の最大の魅力です。

【あしたでんき公式サイト】

【新電力】あしたでんきの評判は?メリット・デメリットについて電力自由化が始まり多くの人が大手電力会社から新電力会社へ電力会社を変更しております。今回は新電力会社でも最近特に人気がある「あしたでんき...

おすすめ新電力会社③エルピオでんき



 エルピオでんきは株式会社エルピオという会社が供給しており、50年以上LPガス事業を行っていた総合エネルギー会社になります。あまり聞いた事ない方も多いと思いますが、エルピオでんきの料金の最大の魅力は電気代の安さです!電気代だけを業界トップクラスの安さになります。とにかく単価の安さで勝負しております。電気使用量が多い世帯ほど、電気代を大幅に抑えることができます。とにかくシンプルに電気代を安くしたいという方にオススメです。

【エルピオでんき公式サイト】

新電力エルピオでんきの評判は?メリット・デメリットについて徹底解説【エルピオでんき】は、株式会社エルピオという会社が供給しており、50年以上LPガス事業を行っていた総合エネルギー会社になります。あまり聞...

まとめ

今回は電気ストーブの電気代と電気代の削減方法について解説してきました。電気ストーブはコンパクトで使いやすくて便利ですが、長時間使用すると電気代が高くなります。電気料金が高いと感じている方は新電力会社への契約の見直しも検討しても良いでしょう。毎月の電気料金を下げたい方には特に「Looopでんき」がおすすめになります。