レンジフード

キッチンリフォーム時の大切なポイント:レンジフードの高さの決め方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

レンジフードの設置高さについて悩むことはよくありますよね。高さが適切でないと、使い勝手が悪くなることがあります。そこで、今回は、レンジフードを最適な高さに設置するためのポイントをご紹介します

レンジフードの種類とその特徴

“A子さん”
“A子さん”
レンジフードって種類があってどれを選べばいいかわからないのよね
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
安心してください、今回はレンジフードの種類から選ぶポイントまで紹介していきます

レンジフードには、形状や特性が異なる多種多様なタイプが存在します。キッチンのデザインに大きな影響を与えるため、レンジフード選びは慎重に行うべきです。それでは、具体的にどのような種類があるのでしょうか。

深型(スタンダード型)レンジフード

深型レンジフード、またはスタンダード型とも呼ばれるこのタイプは、最も一般的な形状です。ブーツのような外観を持ち、煙や蒸気を効率的に吸い取ることが可能です。

浅型レンジフード

浅型レンジフードは、その薄いデザインが特徴です。スペースが限られているキッチンに最適で

、特に天井の低い場所に設置すると、圧迫感を減らしつつも機能性を保つことができます。このタイプは、限られた空間でも快適にキッチン作業を行うことを可能にします。

これらの異なるタイプのレンジフードを知ることで、キッチンの空間やデザインに合った最適な選択ができるようになります。あなたのキッチンに合ったレンジフードを選び、快適な料理空間を実現しましょう。

レンジフード購入ガイド:ホームセンターとガス屋、どこで買うのが最も安い?徹底比較レンジフードの交換を考えているけれど、どこに頼むのが一番お得で安心できるのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。レンジフードはキッチ...

レンジフードの高さキッチンに最適な選択を

キッチンをリノベーションする際や新しい家を建てる時、レンジフードの選択は重要なポイントです。レンジフードの高さは、ただのデザイン要素ではなく、実は法律によって定められた基準があるのです。

建築基準法に基づく高さの規定

建築基準法では、レンジフードの排気口の下端からコンロまでの距離は最大100cm以下であることが定められています。これは、キッチンの安全性と効率的な排気を確保するための基準です。

消防法によるガイドライン

また、消防法では、ガスコンロやグリルからレンジフードまでの高さが最低80cm以上であることが求められています。これは、火災のリスクを減らし、安全な調理環境を提供するための措置です。

IHクッキングヒーターを使用する場合

IHクッキングヒーターを使用している場合は、排気口からフードの下端までの高さを100cm以下に設定する必要があります。これにより、効率的な換気と安全性が確保されます。

適切なレンジフードを選ぶために

これらの規定を事前に把握しておくことで、レンジフード選びが容易になります。サイズだけでなく、機能性やデザインも考慮して、最適なレンジフードを選びましょう。安全で快適なキッチン環境のために、これらのポイントを念頭に置いておくことをお勧めします。

レンジフードの横幅について

レンジフードの横幅は、調理のしやすさに直接影響します。狭すぎる横幅では、鍋やフライパンがぶつかり合うことがあり、調理スペースの制限が感じられる場合もあります。そのため、十分な広さを持つレンジフードを選ぶことが望ましいです。

市販されているレンジフードの横幅は、一般的に60cm、75cm、90cmの3つのサイズで提供されています。90cmのレンジフードを選択すると、コンロの使用がより快適になりますが、キッチンの他の部分、特にシンクや調理台のスペースが狭くなる可能性があります。そのため、キッチンの広さに応じて、60cmまたは75cmのサイズが適している場合もあります。どの横幅を選んでも、レンジフードの基本的な機能に差はないので、サイズ選びにおいては安心して判断してください。

キッチンの快適性と効率を考慮して、最適なレンジフードの横幅を選びましょう。

 

レンジフードを交換おすすめ業者

レンジフードを交換できる安心の業者について見てみましょう

レンジフード専門の会社

レンジフード専門の会社はやはり価格が安いです。レンジフードは実は富士工業という会社が国内の家庭用レンジフードのシェア60%以上を占めておりますその最大手メーカーがレンジフードを直接販売しているのが「富士工業公式オンラインショップ」になります。メーカーの公式サイトからの販売になりますので安心して利用できます。



 どこに頼むのか悩んでいる方は一番安心できる国内最大手の富士工業のオンラインショップが一番おすすめです。価格もネットショップなので安いです。無料相談は住所と名前と電話番号と駐車場の有無、メールアドレスで簡単に申し込みできます。

レンジフード設置の際の重要ポイント3

1. 身長を考慮した設置高さの確保

レンジフードはキッチンを使用する人々の身長を基準に設置するのが鍵です。設置する際は、前屈みになった時に頭がぶつからないこと、操作スイッチが手の届く範囲にあることを確認しましょう。しかし、あまりにも高い位置に設置すると換気効率が落ちるため、消防法に基づいた範囲内で最適な位置を見つける必要があります。レンジフードの性能も考慮し、使用者の身長に合った高さを見つけましょう。

2. 吊戸棚とのバランスを考慮

レンジフードは壁付けや天吊りなど多様なデザインがあります。キッチンの全体デザインに合わせたレンジフードの形状を選び、吊戸棚のバランスも考慮することが重要です。たとえば、吊戸棚が50cmの高さであれば、レンジフードもそれに合わせてバランスよく配置しましょう。これにより、消防法の要件を満たしつつ、使用しやすい位置に設置できます。

3. 調理台の高さを考慮

レンジフードの高さを決定する際には、調理台の高さも重要な要素です。日本の標準的な調理台の高さは約80~95cmですが、これに合わせてレンジフードの高さを調整すると、料理の効率が向上します。新築やリフォームの際は、調理台の高さを最初に決定し、その後レンジフードの位置を決めましょう。

キッチンの高さは「身長÷2+5cm」や「ひじの高さ-10cm」を基準にするのが一般的です。これに従うと、身体への負担が軽減されます。

キッチンを複数の人が使用する場合は、一番身長の高い人に合わせて設計すると、全員がストレスなく使用できます。これらのポイントを参考にして、快適なキッチン環境を作りましょう。

まとめ

リフォーム時、レンジフードの形状は重要ですが、その高さも同様に大切です。キッチンの広さやデザインに気を取られがちですが、高さの選択を誤ると、後で後悔することも。快適な料理環境を作るためには、レンジフードの設置高さにも注目しましょう。業者とのスムーズな連携のためには、事前に知識を得て、要望を明確にしておくことが重要です。レンジフードの高さに関する理解を深め、自分のキッチンに最適な選択をすることで、施工後の満足度も大きく変わります。この一手間が、毎日の料理をより楽しく、快適なものに変えてくれるでしょう。