まちエネ

新電力「まちエネ」の評判は?メリット・デメリットについて

“A子”
“A子”
「まちエネ」って初めて聞いたけどどこの会社の電気なの? 
“新電力提案”
“新電力提案”
「まちエネ」はローソンと三菱商事が作った新電力会社になるよ。 
“A子”
“A子”
ローソンってあのコンビニの?
“新電力提案”
“新電力提案”
そうコンビニのローソンだよ。街中のローソンが「まちエネ」の新電力になっているよ。

ローソンと聞くと非常に身近に感じますね。今回はまちエネの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

まちエネでんきとは

Machi

まちエネとはローソン三菱商事が出資する「MCリテールエナジー株式会社」が提供する電気になります。電力小売事業に関しては2000年の一般家庭用が自由化になる前から参入しており、既に20年近い事業実績があります。コンビニのローソンが出資しているため電気代に応じてPontaポイントが貯まります。

まちエネの料金プラン

まちエネは3つの料金プランがあります。

1:きほんプラン

きほんプランは電気料金が大手電力会社より従量料金の単価が0.5%~最大13.4%安くなります。またローソン人気商品と交換できるクーポンが毎月もらえます!交換できる商品は毎月変わるので、何と交換できるか毎月はお楽しみになります。またPontaが貯まるのが魅力です。毎月の電気料金1,000円につき10Pontaポイントが貯まります!

2:毎晩充電し放題!プラン

まちエネは三菱自動車の特約販売店にて新規に車を購入した方限定になりますが、EV・PHEV向け 「毎晩充電し放題!プラン」があります。このプランは毎日午前1時~午前5時の時間、EV・PHEV充電量を除くご家庭での電気使用量相当分のご負担のみで、EV・PHEVが充電し放題となります。このプランは東京電力エリアのみになります。簡単に言うと上記の4時間で充電した分はタダになるということです。

3:MUSUBIプラン

このプランは毎月かかる電気代の一部から、世の中で支援を必要とする方々に継続的に寄付するプランになります。MUSUBI基本料金とMUSUBI電力量料金の4.5%相当分をまちエネがNPO法人へ寄付します。

3 まちエネのメリット

1:ポンタが貯まる

まちエネの最大の魅力はPontaが貯まることです。毎月の電気料金1,000円につき10Pontaポイントが貯まります。よくローソンにいく人にはオススメできます。

2: ローソンのクーポン券がもらえる

やはりローソンが出資しているためローソンのお得なクーポンや映画の割券をGETできます。

3:映画のチケットが割引に

会員特典として、イオンシネマやユナイテッド・シネマ、シネプレックスの映画館が500円割引になります。

4:まちエネには解約金・違約金がない。

解約金がないのでお試しに契約もできます。会社によっては解約事務処理手数料何千円という会社や1年縛りなどがあります。まちエネはいつでも他社に変更できると気軽さがあります。

4 まちエネのデメリット

①電気料金は他の新電力の方が安い場合もある

まちエネは東京電力や関西電力などの大手10社の電力会社安くなる場合がほとんどですが、電力の価格だけでみてみるとエルピオ電気エネオス電気などの安い会社もあります。Pontaが貯まったりすることなどの電気料金だけではない部分もありますが、あくまで単価だけでみてみると他の新電力会社の方が安くなることもありますので電気のシュミレーションサイトなので確認してみてください。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年9月】 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

②ローソンをあまり利用しない人

まちエネはローソンを利用する人にとってはPontaが貯まったり、月に1回無料クーポンが来たりとメリットがありますが、ローソンを普段利用しない人にとってはメリットになる部分があまりないためオススメはできません。

③明細がWEBのみで、検針票がない

まちエネの電気の使用量の明細は郵送されず、WEB明細となります。2020年秋頃から大手電力会社も検針表の郵送を廃止し、順次WEBに変更になっておりますが、紙の明細で家計簿をつけて保管している方はWEBから印刷しますので多少手間になってしまいます。

④:セット割りがない

新電力会社はガスのセット割などで月々のガス代が値引きされたりするセットプランがありますが、まちエネではセット割はありません。光熱費は全体で考えるとセット割がある新電力会社の方が光熱費は安くなる場合がほとんどです。

まちエネにオススメな人

新電力会社が数ある中でまちエネに向いている人の特徴について紹介します。

1:ローソンにいく人

2:Pontaを貯めている人

3:電気代を安くしたい人→東京電力などの大手より安くなります。

4:映画をよく見に行く人→イオンシネマやユナイテッド・シネマ、シネプレックス利用する方

5:電気代で寄付をしたい人

 

簡単にまとめるとローソンをよく利用しPontaを貯めて映画鑑賞が好きな方はまちエネが最適な新電力会社になります。

ローソンと三菱商事による安心でおトクな電力サービス【まちエネ】

まちエネの評判・口コミ

Twitterでまちエネの口コミを見てみました。電気代は使う人によってお得額が変わるけど、Pontaやローソンのキャンペーンは人気です。

まちエネの申し込み方法

まちエネでんきの申し込みは、公式サイトのみでの受付となっています。申し込みには事前に準備するものがあります。それは毎月電力会社から送られてくる【検針票】になります。この検針票に記載してある「供給地点特定番号(22桁)と「お客様番号(会社によって異なる)」が必要となります。お手元に【検針票】がない方は現在の電力会社に電話すれば教えてくれます。あとはクレジットカードがあれば入力フォームに沿って必要事項を入力すれば大丈夫です。申し込み完了後、次回検針日より、まちエネ切り替わります。(検針日にもよるが約1ヶ月)

【まちエネ公式サイト】

まちエネのキャンペーン

まちエネでは新規ご契約の方や引っ越し先で継続利用の場合キャンペーンを実施しております。

【新規ご契約】特典:対象プランが電気の供給開始となった新規のご契約の方に、初月の電気代が半額になります。

期間:2021年8月2日(月) ~ 2021年9月26日(日)

対象プラン:「きほんプラン」「かんたんプラン」「低圧電力きほんプラン」「低圧電力かんたんプラン」「MUSUBIプラン」「CO2フリープラン」

まとめ

今回はまちエネの特徴やメリットデメリットについて解説してきました。ローソンが近くにある人やPontaを貯めている方にオススメの新電力会社になります。電気料金の価格だけで見てみると他の新電力会社の方が安い料金設定もあります。まちエネは違約金や解約手がかりませんので、初めて新電力に変更する方は大手で知名度のあるまちエネに変更してもいいと思います。新電力会社はどこが一番いいという会社はありません。さまざまな会社がある中であなたのライフスタイルにあった最適な会社を見つけてみてくださいね。