J:COM電力

新電力「J:COM電力」の評判は?メリット・デメリットについて

“A子さん”
“A子さん”
「J:COM電力」ってあのケーブルTVのJ:COMのこと? 
“新電力マン”
“新電力マン”
そうだよ。「J:COM電力」はケーブルTV事業のジュピターテレコム社が行っている新電力だよ。住友商事とKDDIが出資している会社の資本が入っているから信頼できるし安心だね。 
“A子さん”
“A子さん”
やっぱりそうなんだ~。新電力の価格や評判はどうなの?
“新電力マン”
“新電力マン”
新電力も契約件数が50万世帯以上あり新電力ランキングでは上位10社に入るほど人気の会社だよ。 

今回は契約件数が多く、セットプランが魅力の「J:COM電力」の特徴とメリット・デメリットについて解説します。

 「J:COM電力」とは

J:COM電力とは、ケーブルテレビで500万世帯以上の契約がある皆さんも聞いたことがある有名な「JCOM」が提供する新電力サービスです。「JCOM」とは1995年に設立された株式会社ジュピターテレコムのブランド名になります。「JCOM」はケーブルTV事業から通信事業・メディア事業と多くの事業を行なっており売上高7821億、従業員16,000人以上いる大会社です。一般家庭向けは2016年より供給を開始し全国50万世帯以上が契約している新電力を代表する会社です。

 J:COM電力の供給エリア

 

関東エリア

関西エリア

九州エリア

福岡・熊本・大分・下関エリア

札幌エリア

仙台エリア

 さすがのJ:COMは北は北海道から、南は九州まで多くのエリアに供給しております。ケーブルTVや通信サービスを全国展開している会社の強みになりますね。

 「J:COM電力」料金プラン

J:COM電力の料金プランは2つになります。「従量料金メニュー」と「オール電化向けメニュー」になります。

「従量料金メニュー」

一般のご家庭のお客さま向けプランになります。東京電力などの地域大手電力会社と比べると電気の使用量によって割引されます。割引率は使用量に応じて3段階に分かれており300kWh以上の使えば、10%もの割引が適用されます。一人暮らしの人は電気代を1万円も使用しないのであまり割引のメリットは受けられません。使用量が多い家庭ほど割引率のメリットがあるお得になります。

    電気の使用量   J:COM電力割引率
従量料金第一段階~120kWh大手電力会社より0.5%割引
従量料金第二段階120kWh~大手電力会社より1.0%割引
従量料金第三弾階300kWh~大手電力会社より10%割引

「オール電化向けメニュー」

新電力会社のほとんどの会社はオール電化に対応しているところはありません。JCOM電力は大手会社のプランと同様に夜間電力の安く設定し、さらに大手電力会社の料金よりも0.5~3%ほど安い単価設定になっております。オール電化のご家庭の方の人は新電力会社も選べないため、J:COM電力がおすすめです。

 「J:COM電力」のセット割

①J:COM契約とのセット割

J:COM電力では、J:COMのテレビやインターネットとセットで、電力の契約をすると24ヶ月連続で割引が受けられます

【関東・関西・札幌・仙台エリア】戸建て24ヶ月300円割引(集合12ヶ月)

【福岡・熊本・大分・下関エリア】戸建て24ヶ月500円割引(集合12ヶ月)

②J:COMサービスにガスと電力をまとめておトク!

J:COMは東京ガスエリア、大阪ガスエリア、京葉ガスエリアでJ:COMガスを供給しております。ガスもJ:COMにすることで、さらに毎月110円の割引となります。割引が受けられる仕組みです。J:COM電力では、様々なセット割プランを展開しております。J:COMを既に契約している方はもう迷わずJCOMの電気に切替することをオススメします。請求書も一本化されますので便利ですよ。

切り替え簡単!【J:COMガス】

J:COM電力のメリット

J:COM電力にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

①電気代が安くなる

J:COM電力は東京電力などの大手電力会社と契約している場合電気代が安くなる可能性が大きいです。供給エリアが全国ではないため確認してみてください。

②ガス代も安くなる?

J:COMは、「東京ガス、大阪ガス、京葉ガス」のエリアでガスも供給しております。ガスもセットにすればガス代もお安くなります。

③セット割の多さ

J:COMかさまざまな事業を展開しているのでさすがのセット割の種類の多さがあります。既にJ:COMのケーブルテレビなど契約している場合は毎月500円の割引を受けることもできます。セット割の多さは新電力会社でもトップレベルだと思います。

④大手の安心感

新電力会社ってたくさんあって不安の方もいらっしゃると思います。J:COM電力は住友商事・KDDIグループが出資している会社になりますので安定した経営基盤があります。大手なので安心ですね。

⑤請求書の一本化ができる

J:COMで電気やガス・インターネットなどをセットで契約すると請求書が一本化できるのでラクになります。

⑥オール電化メニューがある

J:COM電力では、オール電化世帯用メニューがあります。新電力会社はオール電化プランの用意がほとんどありませんがJ:COM電力であればオール電化でも契約することができ、電気代を安くすることができます。

J:COM電力のデメリット

次は、JCOM電気のデメリットについて解説していきます。 どこの新電力会社でもメリットもあればデメリットもありますので、デメリットの部分もしっかり理解して総合的に判断して選ぶのがポイントです。

①電力使用量が少ないとあまりお得にならない

一人暮らしの方や月の電気使用量が少ない方は最初の120kwhまでの割引率が0.5%となっておりますのあまりお得になりません。使

一人暮らしの方にオススメな新電力会社もありますのでこちらをご参考ください。【オススメ記事】

②解約時の違約金が高い

J:COM電力は解約金が高いとネット上でも声が上がっております。J:COM電力の契約には前提としてJ:COMのケーブルTVや通信サービスを利用していなければ加入することができません。セット割で500円の割引す得るためにケーブルTVを契約することが必要になります。途中解約すると、解約時に手数料が3,000円、契約解除料金が最大20,000円発生します。途中解約しないのであれば問題ありませんが、途中解約すると今までの割引が違約金の方が上回る可能性もあります。

J:COM電力でんきにオススメな人

新電力会社が数ある中でJ:COM電力に向いている人の特徴について紹介します。

J:COMのケーブルTVやインターネット契約をしている

オススメな人は現時点でJ:COMとケーブルTVなどを契約している方になります。むしろ既に契約している方であればJ:COM電力は超オススメになります。電気代が安くなるだけではなくセット割でも割引を受けられますのでJ:COM加入者は検討してみてはいかがでしょうか。、またJ:COM電力は他の新電力会社にはないオール電化メニューもありますのでオール電化の方にもオススメできます。

J:COM電力にオススメじゃない人

J:COM電力に逆にオススメじゃない人はこんな人です。

J:COMのケーブルTVやインターネット契約をしていない人

現在J:COMの契約をしていない方は他の新電力会社を選んだほうがメリットはあります。新電力会社を一括して無料でシュミレーションできるエネチェンジにて調べて見るのもいいと思います。電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年9月】 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

J:COM電力の申し込み方法

J:COM電力の申し込みは、公式サイトのみでの受付となっています。申し込みには事前に準備するものがあります。それは毎月電力会社から送られてくる【検針票】になります。この検針票に記載してある「供給地点特定番号(22桁)と「お客様番号(会社によって異なる)」が必要となります。お手元に【検針票】がない方は現在の電力会社に電話すれば教えてくれます。あとはクレジットカードがあれば入力フォームに沿って必要事項を入力すれば大丈夫です。申し込み完了後、次回検針日より、J:COM電力切り替わります。(検針日にもよるが約1ヶ月)

J:COM電気公式サイト

J:COM電力のキャンペーン

J:COM電力は電気代が割引されるキャンペーンを実施しております。

【概要】2021年6月24日(木)~2021年9月30日(木)

J:COM 電力に新規ご加入の場合、電力基本料金が4カ月間無料に。
※初月日割分+4カ月間の基本料金を割引。

まとめ

今回はJ:COM電力の特徴やメリットデメリットについて解説してきました。J:COM電力は既にJ:COMの契約がある方、早くJ:COM電力に切替したほうがいい!というぐらいオススメです。理由は単純にセット割が適用され安くなるからです。これを機に新たにJ:COMと契約される方は解約手数料や違約金が高いということをしっかりと理解した上で契約しましょう。J:COMの契約の予定はない方は方は他の新電力会社の方がオススメします。新電力会社はどこが一番いいという会社はありません。さまざまな会社がある中であなたのライフスタイルにあった最適な会社を見つけてみてくださいね。