電気代の節約

東京電力アマゾンプライムがずっと無料!

東京電力の「とくとくガスAPプラン」に契約するとアマゾンプライムが永久無料になります!そして今ならさらに3,000円分のアマゾンギフト券ももらえます。これはめちゃくちゃお得ですよね。今回は東京電力の「とくとくガスAPプラン」について徹底解説します。

「とくとくガスAPプラン」とは?

とくとくガスAPプランは、東京電力の都市ガスの料金プランになります。東京ガスを使っている方が東京電力のガスを契約するとAmazonプライムの年会費を東京電力が払ってくれるプランです。東京電力の電気と契約しておらず、他の新電力会社と契約していてもガスだけの契約でも可能となります。「とくとくガスAPプラン」を契約すると、東京電力からAmazonプライムの1年分の年会費のギフトコードがもらえちゃいます。

さらに! 加入特典としてAmazonギフト券3,000円プレゼント

「とくとくガスAP」プランは本当にお得なのか?

1:けど本当に「とくとくガスAPプラン」ってお得なのかな?

とくとくガスAPプランならこんなにおトク!この表を見てみますと、アマゾンプライム会員年会費4,900円を、東京電力が負担してくれて年間で計算すると年間10m3の使用量で約700円お得になりますお得。Amazonプライムが必要ない場合はとくとくAPプランはにするとガス代は東京電力の方が高くなりますので切替すると逆に損してします。

年間約2,300円相当もおトクに!

アマゾンプライムを契約するなら【東京電力のとくとくガスAPプラン】がお得!他にもキャンペーンで3,000円分のアマゾンギフト券がもらえるます。

東京電力のガスのメリット

メリット①ガス機器・床暖修理サービス

ガス機器等が自然故障し無料で修理を受けられるサービスになります。24時間365日修理受付、最大50万円まで何台でも何回でも修理OKすることができます。

ガス機器・床暖修理サービスが無料でついてくる!

メリット②生活かけつけサービスがある

停電時や水回りのトラブル、鍵の開城などよくある生活のトラブルの応急処置が無料となります。

メリット③電気とセットにすると更にお得に

東京電力で電気とガスのセットで、更に電気料金からも毎月100円割引されます。電気とガスを請求をひとつにまとめることで管理もしやすくなりますよ。

東京電力のガスのデメリット

①ガス代が実は高くなる

とくとくガスAPプランはガスの基本料金の方が高くなります。

Amazonプライム年会費が無料になるということで総合的には安くなりますが、東京ガスの方がガス代は安くなります。

②違約金が発生する

1年間の契約期間途中にとくとくガスAPプランを解約された場合は、期中解約金(税込2,400円)がかかります。

③他の新電力会社の方が総合的に安い場合がある

新電力会社は600社も参入しており、さまざまなプランがあります。基本料金が0円の会社もあったりしますので一度電気代の削減のシュミレーションすることをお勧めします。

【とくとくガスAPプラン】はこんな人におすすめ

アマゾンプライムを既に利用している人やこれを機にアマゾンプライムに加入を検討している方にオススメのプランになります。まだ東京電力から新電力へのも変更していなく、ガスも東京ガスのままだよ。という方は電気とガスを東京電力に変更した方がお得になります。アマゾンプライムはいらないという人は別の新電力会社を選んだほうがお得になります。東京電力のガス契約でAmazonプライム永年無料!

とくとくガスAPプランの利用の流れ

STEP1:とくとくガスの東京電力の公式サイトで申し込みをする

申し込みに必要なもの
ガスの検針票、支払いに使うクレジットカード番号または口座番号

東京電力のガス契約でAmazonプライム永年無料!

東京電力公式サイト

STEP2:ガスの利用開始します。

申し込みしてからガスの利用までは1ヶ月前後かかります。
ガスの管はこれまでの東京ガスの管を使用しますので新たな工事や立ち合いなどの工事などは不要となります。

STEP3:アマゾンプライムギフトコードが届く

約2~3週間後に東京電力からAmazonプライムのギフトコードが入ったハガキがご自宅に届きます。

STEP4:アマゾンプライムギフトコードを登録する

アマゾンプライムの公式サイトでギフトコードを登録すれば1年間の年会費無料で利用できますよ。


まとめ

今回は東京電力の「とくとくガスAPプラン」について解説しました。Amazonプライムを加入している方や今後予定している方は切替した方がお得になります。キャンペーンでAmazonのギフト券ももらえるのも嬉しいですね。Amazonプライムに興味のない方は他の新電力会社を選ぶことをお勧めします。電力もガスも今は誰でも自由に選べる時代となっております。あなたのライフスタイルにあった電力会社やガス会社を見つけてみてください。