プロパンガス

プロパンガスの保証金とは?返金はいつされるの?

“A子さん”
“A子さん”
プロパンガスの集合住宅に入居しようとしてガス屋さんに連絡したら「保証金として10,000円の準備をお願いします」って言われたんだけど保証金ってなに?
“ガス屋さん”
“ガス屋さん”
プロパンガスの保証金はガスの利用にあたってガスの未払いがあったりしたら事前に預かっている保証金から差し引くことができるお金だよ。ガス屋さんも未払いだと困ってしまうからね。先に保証金として預かっておくんだよ。
“A子さん”
“A子さん”
そうなんだ~いつ返金されるの?
“ガス屋さん”
“ガス屋さん”
ガス屋さんに預けた保証金は、未払いがなければちゃんと退去時に全額返金されるよ。 

今回はプロパンガスの保証金について解説していきます。全く保証金のことを理解していないとお金を取られたと勘違いしてしましすので、事前にガス屋さんに支払う保証金を理解しときましょう。

プロパンガスの保証金とは?

入居の時にいきなり保証金10,000円お願いします。って言われたらプロパンガスの保証金の仕組みを知らない人からするとビックリですよね。プロパンガスの保証金は法律で決められているわけではありません。ガス屋さんが独自で決めている金額になります、一般的には保証金の金額は10,000円で設定されている場合が多いです。

保証金はなぜ必要なのか?

ガス屋さんなぜ保証金を入居の時にお預かりするのでしょうか。その理由はアパートやマンションに入居している賃貸の物件は引っ越しが手軽にできてしまいます。入居していた人がガス代を払わずに退去してします人が多かったのです。そこで、集合住宅に入居する人には事前に保証金を預かり、ガス代を未納のまま出ていってしまった場合は保証金で未納分のガス代を相殺することができます。ガス屋さんがガスを販売していてガス代の回収を確実にできるために保証金というシステムがあります。

保証金の金額

プロパンガスの集合住宅に入居した場合の保証金はガス代の2ヶ月分程度の10,000円~15,000円程度で設定されている場合が多いです。保証金はプロパンガスだけの制度で都市ガス会社ではありません。

保証金はいつ預けるの?

ガス屋さんに保証金を預けるのはプロパンガスの開栓の時になります。プロパンガスを初めて利用する場合は必ず立ち合いが必要となります。その開栓の立ち合いの時に保証金を担当者に手渡しします。金額はガス会社のよって異なります。保証金を渡せば預かり証が発行されますので、退去するときまで保管しておきましょう。

保証金はいつ返金されるの?

プロパンガス屋さんに入居の時に預けた保証金は、退去の時に返却されます。契約の時に預かり証発行されていると思いますのでその預かり証と引き換えすることで全額返却されます。退去日までのガスの利用している金額から差し引いても会うこともガス屋さんによっては可能となります。

預かり証を無くした場合?

入居の際にガス家さんから受け取った預かり証を無くしてしまった場合はどうなるのでしょうか?一般的には預かり証を無くした場合は返金されないケースが多いですが、ガス屋さんの方に控えなどデータが残ってれば返金してくれるケースもあります。預かり証を無くすと「払った」「払っていない」のトラブルになりますので保管に注意しましょう。

ガスの値段が高いと思った場合

入居の際、ガス料金を確認してみましょう。ガス料金は基本料金と従量料金ので構成されております。一般的なガス代はこちらの記事をご参考ください。

1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】
https://enekurabe.com/kihonryoukin/

まとめ

今回はガス会社の払う保証金について解説しました。プロパンガスのガスの保証金の仕組みは一般的です。保証金はきちんとガス代を払えば退去の時全額返金されます。お互いガス代の問題でトラブルにならないためにガス屋さんが事前にガス代を預かっていると考えてもいいでしょう。預かった預かり証は退去の時トラブルいならないために大切に保管しときしょう。