マネーフォワード電気

マネーフォワード電気は本当に安いのか?メリットデメリットや口コミについて

みなさん「マネーフォワード」って知ってますか?クレジットカードや銀行口座などと連携し、家計簿を自動的作ってくれるとっても便利なアプリになります。あまりの便利さに私は毎月500円支払って「マネーフォワードMEのプレミアムサービス」に申込をしているくらいです。そんな家計簿を見える化するマネフォワードは家庭用の電気の取扱もしておりますので今回は「マネーフォワード電気」のメリットやデメリットについて解説していきます。

マネーフォワード電気とは?

マネーフォワード電気は、マネーフォワードが提供している家庭向けの電力ですが、実際に電力を供給するのはシン・エナジーという会社になります。シン・エナジーは新電力の中でも人気と評判で実績も太陽光発電や地熱・水力・バイオマスなどの再生可能エネルギーの発電事業を行っております。個人だけでなく数千件の企業や官公庁施設などに電力供給実績がある会社になります。

シン・エナジーの評判は?電気料金は安くなる?メリット・デメリットについてシン・エナジーの最大の魅力は【電気の使用量に関わらず、電気代が安くなる】なります。また旅行好きの人に嬉しい、JALマイルを貯められるサー...

 

マネーフォワード電気の料金

マネーフォワード電気の料金には複雑なプランはなくシンプルに大手電力会社の標準メニューより「3%OFF」になるおトクなプランが1つあるだけになります。シンプルでわかりやすいのが特徴です。

マネーフォワード電気の基本料金

基本料金マネーフォワード電気東京電力
30A832.26円858.00円
40A1109.68円1,144.00円
50A1387.10円1,430.00円
60A1664.52円1,716.00円

 

マネーフォワード電気の従量料金

マネーフォワード電気の従量料金は電気の使用料にかかわらず東京電力と比べて従量料金が安くなります。

電気使用量マネーフォワード電気東京電力
120kWhまで19.28円19.88円
120kWh~300kWh25.69円26.48円
300kWh以上29.65円30.57円

 

マネーフォワード電気の供給エリアは?

<対象エリア>

東北・東京・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力エリア

<対象のお客様>
現在、大従量電灯契約中で「従量電灯B」「従量電灯C」相当のご契約をされている一般家庭のお客様及び事業主様

マネーフォワード電気でんきのメリット

マネーフォワード電気のメリットについて紹介していきます。

【マネーフォワード電気メリット】

①マネーフォワードMEプレミアムプランが無料!

②電力プランがわかりやすい

③電気料金が3%安くなる

④解約金・違約金がない

メリット①マネーフォワードMEプレミアムプランが無料になる

マネーフォワード言えば家計簿管理のアプリを開発している会社ですが、そのマネーフォワードが提供しているサービスに「マネーフォワードME」のプレミアムプランがあります。これは無料版とは違く毎日の支出管理や連携する金融機関も増え大変便利になります。マネーフォワードMEのプレミアムプランは毎月500円かかりますのでこれが無料になりますのでマネフォワードをお使いの方はすごくお勧めです。

マネーフォワードのプレミアムはここがすごい!

①金融機関の連携が11件以上の連携できる
金融機関だけではなくて楽天やアマゾン、ポイントと連携することも可能で毎日のお金の流れが見える

②タイムリーな更新
無料版だと更新日が遅いですが、プレミアムはボタン1つで、全ての連携先の最新情報を更新できます。

③1年以上前の履歴が見れる
1年以上前の家計簿や資産推移を振り返ることができ、毎年の支出を把握可能。

④広告もない
広告が非表示になるので見やすいです。

⑤資産グラフが見れる
資産グラフがあると動きが可視化されよくわかります。

とにかくマネーフォワードのアプリは無料版で試しにダウンロードしてみましょう。あなたもプレミアムにグレードアップしたくなると思います。

メリット②電気料金が3%安くなる

マネーフォワード電気のは30A以上であれば大手電力会社の標準メニューと比較して3%電気代が安くなるというのが最大の特徴です。これは特に一人暮らしで普段あまり電力を使用していない人にはメリットがあります。新電力会社の多くは電力を使えば使うほど安くなる単価を設定しているため電力使用料が少ない人にとってはあまりメリットがない場合もあります。マネフォワード電気は一律3%安くなるため電気の使用料が少ない一人暮らしの人にお得になるプランになります。

メリット②解約違約金がかからない

マネーフォワード電気は解約手数料や違約金が無料になります。もしマネーフォワード電気以外の新電力会社に切替した場合もすぐにでも切替することが可能です。もしも、他社の電力会社に切り替えるときは、解約違約金、契約事務手数料があるか調べることが重要です。

マネーフォワード電気のデメリット

メリットの部分だけではなくてデメリットの部分も確認しておきましょう。

【マネーフォワード電気のデメリット】

①電気の使用料が少ない場合は割高になる

②20A以下は契約できない

③支払いがクレジットのみ

④明細がWEBのみ

デメリット①電気の使用量が多い方には割高

ファミリーや電気の使用量が多いご家庭にはマネーフォワード電気は少し割高になります。大手電力会社よりは3%安いですが、新電力会社によっては5%以上安くなる会社もあります。ファミリーの方は新電力人気No. 1のLooopでんきをおすすめします。

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年11月】失敗しない選び方! 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

デメリット②20A以下は契約できない

マネーフォワード電気は30A以上でないと契約できません。1人暮らしの方で20A契約の方は注意する必要があります。

デメリット③支払い方法はクレジットカードのみ

マネーフォワード電気は電気料金の支払い方法として選べるのはクレジットカードのみです。口座振替やコンビニ払いなどでは支払いはできません。

デメリット④明細がWEBのみで、検針票がない

マネーフォワード電気限らずほとんどの新電力会社がそうですが、電気の使用量の明細は郵送されず、WEB明細となります。

マネーフォワード電気の申込方法

マネーフォワード電気の申込方法にはマネーフォワード電気公式サイトから申込みます。下記の情報が必要になります。

  1. 電力会社のエリア
  2. 電力会社
  3. お客様番号(契約番号、電気番号)
  4. 供給地点特定番号
  5. 契約プラン・種別
  6. 契約電力量
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
新電力への電力切替は工事の必要もなく、ネットから簡単に申込ができるのが便利だよね。ほとんどの契約者がネットから申込をしているよ。

マネーフォワード電気公式サイト

マネーフォワード電気の口コミ

Twitterでマネーフォワード電気の口コミを見てみました。やはりマネーフォワードのプレミアムプランが無料になるというところが決め手のような口コミが多いですね。

マネーフォワード電気にオススメな人

マネーフォワード電気の魅力はわかりましたが最終的にはどんな人にオススメなのでしょうか?

マネーフォワード電気におすすめな人

  1. マネーフォワードアプリを使用している方
  2. 家計簿をつけてみようかと考えている方
  3. 節約したい方
  4. 一人暮らしや単身など使用量が少ない方
  5. 解約手数料がないので試しに新電力に契約してみたい方

マネーフォワードMEプレミアムプランを使用している筆者だからこそ是非このマネーフォワードのプレミアム機能を使用して欲しいと思います。

まとめ

今回はマネーフォワード電気特徴やメリットデメリットについて解説してきました。マネーフォワードMEを使っててプレミアムを検討しているならばマネーフォワード電気は超おすすめです。電気の使用量が多くてマネーフォワードの家計簿管理も必要ないという場合は他の新電力会社を選びましょう。現在大手電力会社であれば確実に新電力会社に切替をした方がお得になります。1年で大きな額の電気代が削減できる場合もあります。