ビルトインコンロ

ガスコンロとIHはどっちがお得?メリット・デメリットについて解説

“A子”
“A子”
ガスコンロとIHコンロってどっちがいいかな? 
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
そうだね~。IHはお手入れ性抜群だし、ガスコンロは火力が強いのでどっちもそれぞれ魅力あるよ。

今では当たり前となったIHコンロですが、ガスコンロをIHコンロを比べてみるとガス代や電気代の違いなど、どっちがお得なのか気になりますよね。今回はガスコンロとI Hの違いを解説していくね。

「IH」とは?

IHとは、電磁誘導加熱(Induction Heating)の略になりまして、電磁誘導加熱のことになります。IHクッキングヒーターは誘導加熱の原理を利用し、電気で鍋を発熱させております。IHは熱効率が非常に良く、立上がリも早いため強い火力が得られます。

 IHのメリット

IHクッキングヒーター

メリット①安全性が高い

ガスコンロと違い火を使用しないことがIHの最大の特徴であり、安全性が高くなります。火を使用していると火傷や火災のリスクがどうしてもありますが、火を使用しない分火災のリスクが少なくなります。お子様やお年寄りのいるご家庭では安心して使用できます。

メリット②お手入れが楽

 

 

 

 

IHのメリットで主婦の方から好まれるお手入れ性があります。ガスコンロはどうしても部品が多いため、コンロの掃除には手間がかかってしまいます。IHは天板がフラットなためそのまま布巾なので拭けばお手入れ完了になります。簡単に綺麗になるのもIHの魅力になります。

 メリット③火力の調整が楽

IHは火力が数字で表示されますので火力を調整するのが楽になります。ガスコンロの場合はつまみを移動させたり、回したりしなければなりませんが、IHは目で見て火力が調整できるため毎回同じ火加減にすることが可能です、

 メリット④室内に熱がこもらない

夏場の暑い時期でも熱が鍋や調理器き以外に拡散することがないため、キッチンの温度はほとんど変わりません。

IHのデメリット

デメリット①調理器具が制限されてしまう

IHを使用するためにはフライパンや鍋もIH対応のものを使用しなければなりません。ガスコンロからIHへ変更した場合はIH対応の商品を再度購入する必要があります。

デメリット②同時に強火の調理をすることが困難

IHは同時に2つのコンロを使用する場合に、最大の火力で利用する際はIH自体の容量が決められているため両方強火にすることができない事があります。

デメリット③停電時に使用できない

IHは電気を使用するために停電になると使用することができなくなります。電気の復旧が長期間かかる場合はコンロはその期間は使用できなくなってしまいます。

デメリット④契約プランによっては電気料金が上がる

ご家庭の電気のプランによっても異なりますが、一般的には昼間の時間帯は需要が高いため電気代が割高に設定されているプランもあり、お昼料理をする家庭では電気代が多くかかってしまう場合もあります。

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年9月】 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

ガスコンロのメリット

まず初めにガスコンロのメリットについて解説していきます。

メリット①高火力の調理ができる

ガスコンロの最大の魅力はやはり「火」が使えることです。「火」が使えることによって高火力の調理ができます。最近のコンロはSIセンサーが搭載されており安全性も高くなっておりますし、2口両方で高火力で調理することも可能になっております。

メリット②調理器具を選ばない

ニトリやホームセンターでフライパンやお鍋を購入するとき、IH対応していない調理用品があると思いますが、ガスコンロは購入するときにほとんどのものが使用できますので、IHのような専用の調理用品を購入する必要はありません。

メリット③停電でも使用できる

ガスコンロは乾電池が入っていれば電気がなくても火を使うことができます。停電が長期間になってしまってもガスが止まっていなければコンロで調理することは可能です。お湯を沸かせるだけ大きなメリットですよね。

メリット④炒め物に向いている

IHは鍋をIHから離した状態では使用できませんが、コンロは中華などの炒め物も火で温めるので鍋から離す炒飯などの料理にもあおりながら料理できます。

ガスコンロのデメリット

デメリット①火を使うため危険

ガスコンロは火を使用しますので、お子様やお年寄りには危険なこともあるかもしれません。コンロ自体はSIセンサーが働いているため長時間使用や鍋やフライパンの温度が高熱になると自動消化してくれる安全機能が搭載されていますが、火が危ないという事には変わりありません。

デメリット②キッチンが暑くなる

夏場キッチンで調理しているだけでものすごく暑くなることがあると思います。火を使う分どうしても暑い空気になります。逆に冬場は温かいメリットもあります。

デメリット③お手入れが大変

 

 

 

 

IHは天板がフラットのため、サッっと吹くだけで綺麗になりますが、ガスコンロはバーナーやごとくなどパーツが分かれておりIHのように簡単にお手入れできません。最近のコンロはお手入れしやすなっていますが、やはりIHの方がお手入れ性はあります。

IHの電気代ってどれくらい?

IHの電気代は標準的な4名家族世帯にて3食IHコンロを1ヶ月使用した電気代は約1,020円(税込)です。

IHコンロ・ガスコンロの工事について

ここからはガスコンロへの交換工事とIHの交換工事について解説していきます。

コンロの種類工事内容本体価格+交換工事費の合計額
ガスコンロからガスコンロへ交換ガスの配管継続利用できるため、比較的工事代は標準工事費の範囲本体価格+工事費20,000円前後
IHからIHへ交換IH用の電源設備を継続利用できるため、工事代は標準工事費の範囲本体価格+工事費15,000円前後
ビルトインコンロからIHへの交換200Vの専用の電源を必要となるため、交換費用以外に、電源の配線費用が必要になります。本体価格+工事費50,000円前後
IHからガスコンロガスコンロの使用にはガスの配管が必要になります。ガス配管が到底ない場合は配管工事が必要になりガス工事代も高額になります。現場によって異なります。

ガスコンロやIHコンロでもそれぞれ現場によって工事代は変わってきます。特にIHからガスコンロの場合はガス配管工事が必要になり、配管の長さによってはガス工事代だけでも高額になる可能性もありますのでしっかりと事前に打ち合わせしときましょう。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
少なくても2社からは必ず見積もりを取るようにしよう

どこで購入するのがいい?

ガスコンロやIHクッキングヒーターはどこで購入するのが一番いいのでしょうか。購入先のそれぞれの概要を紹介します

ネット通販

最近はインターネットで何でも手に入る時代です。IHやコンロも今では当たり前のようにインターネットから購入している方が増えてきております。そしてやはり価格が安いです。価格重視する方は間違いなくネット購入になります。「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などで購入できます。ネットで購入する場合は口コミや評判をしっかり確認してから注文しましょう。

地元の電気屋さんやガス屋さん

一番安心して任せられるのは地元の電気屋さんやガス屋さんになります。設置だけでなくアフターも対応してくれるので一番おすすめします。

家電量販店

ヤマダ電機やケーズでんきのような家電量販店から購入するのもありです。販売員が丁寧に説明してくれますし、ポイントが付くのも魅力ですね。

リフォーム業者

地元のリフォーム業者やネットのリフォーム業社に依頼することもできます。地元では電気屋さんガス屋さん同様、安心感がありますね。ネットでも販売実績や評判がいい会社に見積もり依頼は無料ですので相談してみてもいいでしょう。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
価格を優先にするのか地元で安心のお店で購入するのかになるよ

まとめ

今回はIHとガスコンロの違いやメリット・デメリットを比較しました。IHコンロは安全面やお手入れ性などが強みで、ガスコンロはやはり火力と停電時に使用できることが強みかなと思います。どちらメリット・デメリットがはありますので検討させれいる方は何を優先するか考えてみてはいかがでしょうか。IHコンロ設置の場合は何社か見積もりをした方が安心です。ガスコンロの場合と違い工事代がかかるため2社以上のお見積もりで比べてみましょう。