電気代の節約

ウォーターサーバーの電気代が高い?電気代の節約方法と上手な使い方!

いつでも気軽に温水や冷水が楽しめるウォーターサーバーって便利ですよね。ただ便利である反面、電気代が気になりますよね。今回はウォーターサーバーの各社の電気代の比較からウォーターサーバーの電気代節約方法をご紹介していきます。

ウォーターサーバーの電気代はどれくらい?

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいなのでしょうか?ウォーターサーバーの電気代は機種や性能によっても違いますがだいたい500円~1,000円程度です。メーカーによっては省エネ機能タイプがありこの省エネ機能タイプだと消費電力が少ないため月500円程度になります。

ウォーターサーバーの電気代って高いの?

ウォーターサーバーの電気代は高いイメージがありますが、実際には電気ポットの電気代とほとんど変わりません。電気ポットは使用する機種によって異なりますが、お湯を1日2回2リットル沸騰させた場合とそれ以外の時間を保温している場合の電気代は1日約30円、1ヶ月で900円かかる計算になります。ウォーターサーバーの電気代とほとんど変わらないです。ただ電気ポットの場合は沸騰するまで10分以上かかるので忙しい方には少し手間がかかる作業になります。

種類電気代(月)消費電力
電気ポット 容量2.2L 湯沸かし2回/日、再沸とう1回/日約700~900円沸騰するときに約1,000W、保温時には約10~35Wの電力を消費
電気ケトル(1日に4回0.5Lお湯を沸かす場合)1回当たり約1円。

1ヶ月の電気代は約4円×30日=120円

約1,300W
ウォーターサーバー約500~1000円約75~95W(冷水)約350W -450W(温水)
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
電気ケトルが一番電気代が安いけど、ウォーターサーバーもメーカーによっては電気ポットよりで電気代も安いものもあります。毎回お湯を沸かす手間を考えるとウォーターサーバーの方が便利ですよね。 

ウォーターサーバーのメーカー別の電気代

ウォーターサーバーは、メーカーごとにさまざまな種類がありますよね。今回はその中でも特に人気のある5社の電気代を見てみます。

メーカー機種消費電力電気代
プレミアムウォータースリムサーバーIII冷却:80W

加熱:350W

通常使用時:約630円

エコモード使用時:約500円

コスモウォーター
クリクラサーバーL
クリクラサーバーS
冷水:85W、温水:350W474円(エコモード1日2回使用時)
アクアクララアクアスリム冷水/105W 温水/465W約700円~
Frecious
ロングタイプ冷水=80W/温水=350Wフレシャスは従来の約1/3の消費電力:約330円~
クリクラ
クリクラサーバーL

クリクラサーバーS

クリクラサーバーL冷水:73W、温水:350W

クリクラサーバーS冷水:75W、温水:350W

1か月約1000円省エネサーバーで1ヶ月約500円
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
ウォーターサーバーの電気代の平均は5001,000円程度です。同じメーカーでもエコ機能が搭載されている場合がありエコ機能ですと電気代が半分以下になる場合もあります。

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法6選

ウォーターサーバーはエコ機能が搭載され昔に比べて電気代がかからなくなりましたが、工夫次第でさらに電気代を節約することが可能ですので電気代削減方法を5つ紹介していきます。

電気代節約方法①日の当たらない場所に設置する

ウォーターサーバーは日当たりが良いところは避けて設置しましょう。ウォーターサバーは冷水を作るために相当な電力を使用します。直射日光に当たってしまうと機種自体が熱を持ち効率よく熱を排出することができなくなり電気代が上がってしまいます。また日当たりがよいとボトルの中の水質が劣化する恐れもあります。

電気代節約方法②「エコモード」を利用する

ウォーターサーバーのエコモードやスリープ機能を利用しましょう。エコモードにすることで約20%~50%の電気代の節約に繋がります。長時間外出するときや使用しないときは必ずエコモードにしましょう。年間で見るとかなりの電気代が削減できると思います。

電気代節約方法③電源をオフにしない

家電製品はスイッチを入れるときが一番電力を消費します。電源を切ったり入れたりを繰り返すのはやめましょう。またウォーターサーバーのコンセントを抜いて電源をオフにしてしまうと、細菌が繁殖しやすなってしまうため水の衛生面からも電源をオフにするのはやめましょう。

電気代節約方法④定期的にメンテナンスする

ウォーターサーバーは定期的にメンテナンスするようにしましょう。排熱するための吹き出し部分に、ホコリがたまると排熱がうまくできず余計な電気代がかかってしまいます。蛇口部分も衛生面の理由から、週に1度は汚れを取り除くようにしましょう。

電気代節約方法⑤障害物を近くに置かない

ウォーターサーバーの周りには障害物となるようなものを置かないようにしましょう。壁や家具から10センチから15センチ離して設置しましょう。壁や、家具が近いとその分熱を排出できなくなり電気代が多くかかってしまいます。

電気代節約方法⑥電力会社の見直し

ウォーターサーバーの電気代を削減するだけではなく家庭全体の電力会社の見直しも行うべきです。家庭用の電力は2016年に自由化になりました。私たちは大手電力会社だけではなく自由に電力会社を選択できます。東京電力や関西電力などの大手電力会社からLooopでんきなどの新電力会社に変更するだけで年間数万円も削減できる可能性があります。新電力会社のプランを一括シュミレーションしてくれるサイト、エネチェンジを利用すると簡単にあなたの家庭に合った電力会社を紹介してくれます。エネチェンジは上場している会社で業界No. 1の会社です。あなたのライフスタイルに合った電力会社や電気料金プランを見つけてみましょう。国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから


 

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年11月】失敗しない選び方! 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

節電のため温水スイッチはオフにするのはNG

ウォーターサーバーの電気代を少しでも節約しようと温水のスイッチを切ってしまう方がいますが、温水のスイッチを切るのはNGになります。スイッチを切ってしまうと温水が常温になり品質が落ちてしまう可能性があります。衛生面から見ても温水のスイッチを切るのはやめておきましょう。

まとめ

今回はウォーターサーバーの電気代削減方法を解説しました。ウォーターサーバーの電気代は高いイメージがありますが実際は電気ポットと変わらなくそこまで高くありません。電気代はエコモードで使用すれば安いメーカーで月約500円程度になります。500円であれば電気ポットよりも断然安いです。また少しでも電気代を下げるためにはウォーターサーバーの使い方や設置方法に注意しましょう。電気代を大幅に節約するならば新電力会社に変更するのが一番です。