電気代の節約

【必見】電気代を気にせずにゲームをやりたい人!電気代を節約する方法を解説

PS5やSwitchの電気代ってどれくらいかかるの?って思っている方に今回はゲーム機の電気代と節約方法について解説していきます。

ゲームの種類によって電気代が違うの?

まずはゲームの種類によって電気代が変わるのか確認してみましょう。現在日本で発売されているゲーム機は「PlayStationシリーズ」や「Nintendo Switch」、「Wii」、「Xbox360」が代表的だと思います。それぞれの電気代を確認していきましょう。

①PS4の消費電力

PS4シリーズには「旧型モデル」と「新型モデル」の2種類があります。旧モデルは最大250W、新型モデルは最大230Wの消費電力量になります。改良されたPS4slimは最大165W、PS4Proで最大310Wです。この最大値はPS4の電源を入れた時の消費量となっており、ゲームプレイ中はだいたいあ100W ~140Wになりますので最大消費量までの電気代はかかりません。また2021年3月に発売されたPS5は最大消費電力が350Wとなっているため、PS4に比べ電気代は高くなります。

PS4とPS5の消費電力

PlayStation 4250W
PlayStation 4 (Slim)165W
PlayStation 4 Pro310W
PlayStation 5350W

 

それではPS4とPS5のそれぞれの電気代をみていきましょう。

旧型PS4の電気代

ゲーム時間電気代計算電気代
1時間0.25×1時間×27円6.75円
1ヶ月(1日2時間)0.25×2時間×30日×27円405円
1年間(1日2時間)0.25×2時間×365日×27円5110円

新型PS4の電気代

ゲーム時間電気代計算電気代
1時間0.23×1時間×27円6.21円
1ヶ月(1日2時間)0.23×2時間×30日×27円372.6円
1年間(1日2時間)0.23×2時間×365日×27円4533.3円

 

PS5の電気代

ゲーム時間電気代計算電気代
1時間0.35×1時間×27円9.45円
1ヶ月(1日2時間)0.35×2時間×30日×27円567円
1年間(1日2時間)0.35×2時間×365日×27円6898.5円
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
PlayStationシリーズの電気代は1日2時間ゲームをすると年間で5,000円から6,000円の電気代がかかります。

②Switchの消費電力

Nintendo Switchの消費電力は16Wと家庭用ゲーム機の中でも断然低いです。

Nintendo Switchの電気代

ゲーム時間電気代計算電気代
1時間0.016×1時間×27円0.432円
1ヶ月(1日2時間)0.016×2時間×30日×27円25.92円
1年間(1日2時間)0.016×2時間×365日×27円315.36円
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
Nintendo Switchは1日2時間の使用で26円程度の電気代しかかかりません。他のゲーム機と比べても圧倒的に安いです。

③Wiiの消費電力

Wiiの消費電力もSwitchと同様かなり少なく消費電力は約18Wになります。

Wiiの電気代

ゲーム時間電気代計算電気代
1時間0.018×1時間×27円0.486円
1ヶ月(1日2時間)0.018×2時間×30日×27円29.16円
1年間(1日2時間)0.018×2時間×365日×27円354.78円

④Xbox Series Xの消費電力

2020年11月10日に発売されたXbox Series Xは消費電力が315Wになります。PS5よりは消費電力が低いですがSwitchやWiiに比べると高くなります。

Xbox Series X電気代

ゲーム時間電気代計算電気代
1時間0.315×1時間×27円8.505円
1ヶ月(1日2時間)0.315×2時間×30日×27円510.3円
1年間(1日2時間)0.315×2時間×365日×27円6208.6円
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
ゲームはテレビの電気代もかかります。80Wの40V型テレビで1時間テレビをつけたときの電気代は約2.2円となります 

一番消費電力が高い「PS5」でも毎日2時間ゲームして月500円程度になります。これを高いと感じるのか安いと感じるのかは人それぞれですが、少しでも電気代が節約できれば嬉しいのではないでしょうか?ここからは電気代の削減方法について紹介していきます。

ゲーム機の電気代を節約する方法

今よりも少しでも電気代を安くする方法を3つ紹介していきます。

ゲームの電気代削減方法①スタンバイモード・スリープモードの活用

家庭用のゲーム機には「スタンバイモード」や「スリープモード」といった省エネモードがあります。スタンバイモードやスリープモードにしておくとゲームでプレイしていない時も節電できますし、再開するときも起動にかかる時間が短縮されるので消費電力が削減されます。

ゲームの電気代削減方法②待機電力をなくす

電気代を少しでも節約しようとするならば待機電力を削減しましょう。PS4の待機電力は約0.4W、Nintendo Switchの待機電力は1W以下です。1Wで計算しても1時間で0.027円ですのでほとんどかかりませんが、PS4の場合はコンセントからプラグを抜いておくことで待機電力を0円にすることができます。

ゲームの電気代削減方法③電力会社を見直してみる

ゲームのスタンバイモードも待機電力をなくすことも電気代の節約にはごくわずかしか節約することができません。さらに電気代を下げたい場合には、電力会社の変更を検討することも1つの方法です。2016年の家庭用の電力の自由化により、誰でも電力会社を自由に選べるようになりました。電力単価の安い電力会社に変更するだけでも電気代を多く減らすことができます。最近ではネットで簡単に電力会社を変更するのが主流になってきております。電力会社の変更を検討するならば無料電力比較サイトのエネチェンジをおすすめします。エネチェンジは東証に上場している会社であり実績と信頼があります。

国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから



新電力への切り替え方法

新電力への切り替え方法はPCやスマホですぐ切替申込ができ簡単です。順番のご説明していきます。

STEP①自分の家にあった新電力会社のプランを選ぶ

STEP②新電力会社のHPに必要事項を記入し申込

STEP③新電力会社より連絡が入り切替日時が決定

STEP④ スマートメーターがまだ設置されていない場合はスマートメーターへの設置工事

STEP⑤立ち会いは不要で新電力の供給がスタート

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
新電力への申込から切替までは申込状況によっても変わりますが1ヶ月程度はかかります。 
【2022年5月】おすすめ新電力ランキング!おすすめ新電力5社徹底比較!2022年になり電力の2016年4月に始まった電力の自由化は既に6年経過しました。今ではたくさんの新電力会社が参入しておりますが、一体ど...

おすすめの新電力会社

それではたくさんある新電力会社でどこの会社がおすすめなのでしょうか?今回は新電力会社でも圧倒的な人気のLooopでんきを紹介いたします。

おすすめ新電力会社:Looopでんき



 新電力会社で一番人気の「基本料金が0円」のLooopでんきがおすすめです。現在契約者数30万突破し口コミや評判も非常に良好です。Looopでんきは解約手数料も0円であるために試しに契約もできます。Looopでんきは電気の使用量が多い分お得になりますので電気をたくさん使うご家庭に特におすすめできます。

【Looopでんき公式サイト】

Looopでんきは本当に安いのか?メリットデメリットや口コミを徹底解説Looopでんきって評判いいって聞いたけど実際はどうなの?ネット上の評判もよく、契約30万世帯と人気の電力会社ですが、一体Looopでん...

まとめ

今回はテレビゲームの電気代について解説してきました。電気代の計算は電気代がかかるPlayStationシリーズで1日2時間程度で年間5,000円~6,000円になっておりますがそれ以上の時間をプレイするようであれば電気代は結構かかってきます。ゲームのプレイだけでなくテレビの電気代もかかってきます。電気代は削減したいけどゲームの時間は継続したい!と思っている方は電力会社の変更をするだけで簡単に電気代が削減できますので試してみてください。数ある電力会社の中で特に上記3社はおすすめの会社になります。