蓄電池

テスラパワーウォール蓄電池の評判やメリット・デメリットについて

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

テスラが提供するパワーウォールの蓄電池ってかっこよくないですか?さすがテスラ!!というスタイリッシュなデザインと機能性!そしてなんと言っても価格が安い!コスパ最強!?今回はそんなテスラが提供するテスラパワーウォールの口コミ・評判、そしてメリット・デメリットを紹介していきます。蓄電池の導入を検討される方は是非ご参考ください。

テスラってどんな会社なの?

まず初めにテスラについて紹介していきます。テスラはアメリカの電気自動車を製造する電気自動車メーカーになります。その経営者は誰もが知っているあのイーロン・マスク氏になります。イーロンマスクはテスラの他にもスペースXの創業者でもあります。2022年のフォーブス長者番付で世界一となっており、世界一のお金持ちになります。そんなテスラは家庭用バッテリーとして2015年に「Powerwall」をリリースし、その後2019年に蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」を発表して、日本では2020年から「Powerwall」として発売しております。蓄電池テスラPowerwall公式サイト

テスラ蓄電池「パワーウォール」とは?

それではこのパワーウォール(Powerwall)の蓄電池の蓄電池についてみてみましょう。

①パワーウォールの価格は?

まずは価格ですね。パワーウォールは日本のメーカーの半分以下、1/3の価格の120万7800円(税込・設置費を除く)という圧倒的な安さになります。別途工事費用がかかりますが一般的な工事費ですと50~60万円が相場となってきます。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
予算がある中でテスラパワーウォールは圧倒的な安さになります。価格で選ぶなら確実にテスラになります。 

家庭用蓄電池テスラパワーウォ─ルご契約者特典「電気代1年間無料」キャンペーン

②パワーウォールの性能は?

安さだけではなくさすが世界の電気メーカーということもあり、スペックの高さも驚きです。まずバッテリーがテスラ自動車製のものになりますので信頼感も実証済みです。

③パワーウォールのデザインは?

テスラのブランドロゴをあしらった白色の薄型ボディは非常に美しく、デザイン性の高さも特徴となっています。

テスラパワーウォールのメリット

それではテスラパワーウォールのメリットを紹介していきます。

メリット①圧倒的な低価格

まずはなんと言ってもその価格になります。蓄電池業界でNo.1の低価格になります。13.5kWhの大容量蓄電池でありながら、価格が安いのが驚きです。テスラの「パワーウォール」は必須部材合わせても本体価格は税込1,207,800円と低価格です。(2022年7月現在、工事費別)

メリット①アプリで管理できる

テスラパワーウォールはスマホのアプリでも管理できます。スマホで簡単に操作できるのはパワーウォールの魅力の一つになります。蓄電池は一度設置してしまうとほとんど日常生活の中では触ったり、動かしたりせず、気にしたりしなくなりますが、アプリならいつでもどこでも電気の使用量を確認することができるので便利です。また台風などの悪天候が予想される場合はストームウォッチ機能が働き事前に停電に備えて自動的に電気を充電してくれます。

メリット③美しいデザイン

パワーウォールはコンパクトな設計と美しいデザインが魅力です。あの「Tesla」のロゴがなんと言ってもかっっこいいですよね!パワーウォールは幅753mm×高さ1,150mm×厚み147mmです。奥行きが147㎜という薄さのため狭いスペースにも設置可能です。コンパクトで美しいデザインは蓄電池と思えないぐらいです。

メリット④大容量の蓄電池

パワーウォールは蓄電池の中でも13.5kWhとトップクラスの大容量になります。一般的には各メーカー6.5Kwh ~7.8kwhであるため他のメーカーよりも容量が2倍くらいあります。停電などの災害があったときの容量としては万全なのがパワーウォールになります。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
一般的な4人家族での一日当たりの電力消費は、約10kWhになりますのでパワーウォールで一日の電気使用量は賄うことができます。 

メリット⑤壁面に設置可能

パワーウォールは壁面に設置できるのも特徴の一つです。一般的な蓄電池は重たいため壁に設置することはできませんでしたが、テスラのパワーウォールはコンパクトのため壁面に設置することも可能です。



テスラパワーウォールのデメリット

パワーウォールのメリットの部分だけではなくデメリットの部分についてもみていきましょう。

デメリット①自治体の補助金対象にならない

蓄電池は国や都道府県や市町村で補助金を出している自治体もあります。テスラのパワーウォールは海外製のため日本のJET認証を受けておりません。そのため各自治体の補助金対象になりません。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
:JETとは、「一般社団法人電気安全環境研究所」のことで電気用品の安心安全を調査する機関になり、この認定がないと自治体の補助金は受けられません。

デメリット②ダブル発電になり売電価格が下がる可能性がある

今太陽光発電が設置されており、蓄電池を設置することで「ダブル発電」とみなされ売電価格が下がってしまう可能性があります。1kWあたりの売電価格がおよそ2割も減額されてしまいます。設置を検討するときは事前に電力会社に確認しましょう。

デメリット③設置できる業者が少ない

テスラのパワーウォールを設置できる業者が少ないです。全国でテスラから認定を受けた会社の10社程度になります。そのため設置に時間がかかったり、場所によっては設置できない可能性もあります。施工業者が限定されている分流通経路が少なくなり価格が抑えられているメリットもあります。

テスラのパワーウォール認定施工会社はこちら

  • 1 株式会社アーク(北海道札幌市)
  • 2 アスアール株式会社(青森県)
  • 3 東洋ソーラー株式会社(島根県)
  • 4 株式会社ヤマガタヤ(愛知県)
  • 5 リフェコ株式会社(福岡県)
  • 6 株式会社ソーラーポスト(福島県)
  • 7 株式会社RST(静岡県)
  • 8 株式会社中部住器(愛知県)
  • 9 株式会社横浜環境デザイン(神奈川県)
  • 10 株式会社SIソーラー(東京都)
  • 11 株式会社光設備(愛知県)
  • 12 JHS株式会社(広島県)
  • 13 ゴウダ株式会社(大阪府)
  • 14 ネミー株式会社(東京都)
  • 15 エネルギーバンク株式会社(千葉県)
  • 16 株式会社シスコムネット(千葉県)
  • 17 株式会社ECOライフホーム(埼玉県)
  • 18 荒川電工株式会社(高知県)
  • 19 株式会社西日本ケイエス(鹿児島県)
  • 20 アフタープラス2株式会社(鹿児島県鹿児島市)

テスラパワーウォール口コミ・評判は?

実際にテスラの蓄電池を使用している人たちの声を聞いてきましょう。

口コミ①:電気代が安くなった

電気代が上がっているテスラの蓄電池を上手に活用し電気代の削減に成功した口コミがありました。オール電化のパックは深夜の電力が安いプランがあります。深夜の安い電力を蓄電池に貯めて、蓄電池に貯めた電気を日中使用することで電気代が削減できる効果があります。

口コミ②:万が一の停電のときも安心して過ごせる

万が一の停電した時もパワーウォールは大容量のため停電しても継続して電気を使用することができます。特に夏の停電はエアコンが使用できないと言う不安がありますが、停電の心配がなくなったという声もありました。

口コミ③:自治体の補助金がもらえない

蓄電池の導入に際し自治体が補助金を出していることもあります。テスラのパワーウォールは海外製であるため自治体の補助金を受け取ることができないことがデメリットという声もあります。その分蓄電池本体の価格が安いですが。

パワーウォールがおすすめな人

テスラのスタイリッシュなデザインの蓄電池ですが、こんな方にこの蓄電池はおすすめになります。

  1. コスパがいい蓄電池が欲しい方
  2. 停電時の安心を求めたい方
  3. テスラブランドが好きな方
  4. デザインにこだわりたい方

→公式サイトはこちら

家庭用蓄電池テスラパワーウォ─ル公式サイト

他の蓄電池メーカーと比べてみたい方

テスラのパワーウォールが第一候補だけど他のメーカーの蓄電池も一応確認しておきたいと思う方は蓄電池の見積もり一括サイトが便利です。ダイナビ蓄電池では人気のある蓄電池を無料で一括して見積もりしてくれます。見積もりだけでも問題ないので他のメーカーと比べてみたい方はおすすめです。

【タイナビ蓄電池】全国優良業者、見積比較



まとめ

今回はテスラの蓄電池パワーウォールについて解説しました。他のメーカーと比べると圧倒的な価格のメリットとデザイン性がパワーウォールの魅力です。大容量のため停電した時も安心感があります。ただ施工会社が少ないため設置できない場所もあるかもしれません。世界の電気自動車メーカーのテスラが提供する蓄電池はやはり蓄電池の中でも上位のコスパを発揮します。これを機会に是非ご検討ください。