プロパンガス

ガスの法定点検ってなに?無視・拒否してもいいの?

いきなりガス会社が「法律で決められているガスの法定点検をする」って家に来たけど、「ガスの法定点検って何?必ず受けなきゃいけないの?なんだか怪しい・・」と思っている方に今回はガスの「法定点検」について解説いたします。

ガスの法定点検とは?

「ガスの法定点検」とは、消費者がガスを安全に使用できるようにガス機器やガス供給設備などを点検することです。この点検はガス事業法で決められており4年に1回は必ず実施しなければなりません。4年に1回ではなくガス会社によって安全を重視し1年~2年の間で点検を実施している会社もあります。

“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
ガスの点検は法律で決められているから必ずガス会社は実施しなければいけないんだ。 

ガス点検の立ち会いは必要なの?

ガス点検の立ち合いは必要なのかの疑問にお答えします。答えは立ち合いが原則必要になります。宅内のコンロなどの燃焼器の確認や警報器の交換作業がありますので立ち合いは必要になります。

ガス点検の時間ってどれくらい?

立会いが必要って書いてあるけどどれくらいかかるのか気になりますよね。通常の点検は15分〜20分ぐらいで終わります。最初に口頭の説明があってその後にガス点検をして最後に点検結果の説明があります。

ガス点検の費用は?

ガス点検の費用は無料です。中にはガス点検を装う悪質な業者がお金を要求してくるケースもありますので注意しましょう。ガスコンロやガス給湯器を家の敷地内で破損等が見つかった場合有償となる場合があります。また長く使っている給湯器も、状態によっては交換をすすめられることもあるでしょう。

【注意】ガス点検を装おう詐欺についての見分け方&防ぎ方!新型コロナウィルスの影響で高齢者の在宅が増えており、2020年からガス点検を装おう詐欺が頻繁しております。2021年に入ってからも東京都...

ガス漏れ点検の内容

ガス点検っていっても実際は何を点検するのか疑問を持っている方もいると思います。ガス点検は内容は次の通りになります。

【ガス漏れ点検の内容】

  1. ガスの供給設備・消費設備や配管に漏えいがないか検査
    (家の外のメーター周りや配管など)
  2. ガスコンロの点検(点火試験、ガス栓やゴム管など)
  3. 給湯器の給排気設備の調査
  4. 警報器の有効期限の確認
“エネくらべ君”
“エネくらべ君”
ガスコンロや警報器を点検するため、ガス点検当日は家の中に入るため立ち合いが必要にあるよ。点検時間は15分~20分程度の時間だよ。

ガス漏れ点検の流れ

続いてガス漏れ点検の流れを見ていきましょう。

STEP①:ガス会社より事前の案内チラシが届く
ガス会社よりガス漏れ点検の前には事前にチラシが届きます。ガス会社によっては事前の連絡がない場合もあります。

STEP②:ガス漏れ点検の日時調整
STEP①の時間が難しい場合はガス会社に連絡し日程調整をしましょう。

STEP③:ガス点検当日
ガス点検当日は特に用意するものはありません。宅内まで点検でガス会社の方が入ってきますので掃除したい人は掃除をしておきましょう。

STEP④:ガス漏れ点検の結果報告
ガス点検の内容を報告してくれます。点検によって給湯器やコンロの故障が見つかった場合は修理する必要があります。メーカーの保証期間が過ぎている場合は有償での修理になります。ガス機器を新しいものに変更するのがいいのは修理に出すほうがいいのかどっちがお得なのかはガス会社の点検員さんに相談してみましょう。

ガス漏れ点検不在の場合は

ガス漏れ点検が不在だった場合は、不在票をガス会社の担当者が入れといてくれます。連絡先が記載してありますので、点検が可能な日を連絡しましょう。

ガス点検を拒否したらどうなる?

ガス点検を拒否した場合はどうなるのでしょうか?ガス点検を拒否すると次のようなリスクもあります。参考:国民生活センター:ガス点検拒否してもいいの?

①ガスの供給が止まってしまう

基本的にはガス会社は安全が確保できなければ供給を停止する可能性もあります。どうしても中に入れたくない場合は外の設備だけ点検してもらい、後日また宅内もみてもらいましょう。ガスはの事故は毎年のように発生しております、万が一のためにガス点検は必ず受けましょう。

②ガス事故につながる可能性がある

ガスの点検はガス漏れなどの重大な事故を未然に防ぐこともできます。ガスの点検をしない場合そのようなガス事故を未然に防ぐことができませんので事故につながる可能性もあります。

一人の女性の場合はどうすればいい?

一人暮らしの女性の場合は部屋の中に人を入れるのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。その場合はガス点検の日に友人などに立ち会ってもらいましょう。4年に一度しかありませんのでそんなに頻繁ではありません。立ち会いが難しい場合は玄関の扉を開けておくなどをしておきましょう。玄関の扉を開けておくだけでも気持ちが楽になりますよ。お互い気持ちよく点検してもらいましょう。

ガスの事故について

最後にガスの事故について触れております。ガスの事故はここ数年減ってはおります。それは安全性の高いガス機器や警報器の設置・メーターの安全機能の向上などがあげられます。しかしまだ毎年LPガス、都市ガス事故件数を合わせると300件以上は発生しているのが現状です。毎年事故が減っているから大丈夫ではなく、事故を起こさないためにガス会社の点検が必要になります。

まとめ

今回はガス点検業務について解説しました。ガスの点検は法令で決められており、ガス会社は必ず実施しなければなりません。「家に上げたくないな、面倒だな・・」と思ってしまいがちですが、ガス点検を受けないとガス漏れなどの重大な事故につながる可能性がありますので必ず点検は受けましょう。立ち会いが難しい場合はガス会社に連絡して日程を調整すればいいのです。私たちが安心してガスを使うためにガス漏れ点は大切な作業です。