電力会社

新電力「ライトでんき」の評判は?メリット・デメリットについて

“A子さん”
“A子さん”
「ライトでんき」って聞いたことないけどどんな会社なの? 
“新電力マン”
“新電力マン”
「ライトでんき」は低圧電力の販売を行なっている「ハルエネ」とう会社の法人向け限定の新電力会社だよ。 
“A子さん”
“A子さん”
ハルエネって新電力会社で聞いたことがあるわ。 
“新電力マン”
“新電力マン”
そうハルエネは法人用の供給量が「新電力小売事業部門」業界シェア 24ヵ月連続 NO.1という実績がる会社だよ。 

今回は法人向け限定の「ライトでんき」の特徴とメリット・デメリットについて解説していきますね。電気の使用量が多い方は大幅に会社の電気代を削減することができますよ。

「ライトでんき」とは

「ライトでんき」は株式会社ライト通信という会社のが新電力サービスで、電気販売はハルエネが行なっております。ハルエネは法人用の電力の24ヶ月供給実績が業界No. 1の会社であり実績があります。ライト電気は法人向け限定にのプランになります。事業所は業務上多くの電力を消費するため新電力の乗り換えると大幅な電力削減が見込めます。大手電力会社との契約をしていて電気代が高いと悩まれている方はライトでんきに乗り換えることで電気代の削減に繋がります。

会社名株式会社ライト通信
本社■大阪本社
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-1-3-2700 大阪駅前第3ビル27階
■東京本社
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-32-7 大樹生命池袋ビル6階
設立1990年7月
グループ総資本金3億9580万円
項目名ここに説明文を入力してください。
代表取締役諸石 竜也
グループ年間売上265億円
事業内容通信サービス・情報通信機器販売とそれに関わる全ての業務、 固定回線事業、モバイル事業、OA機器事業、 Web事業、その他

 

 ライトでんきの供給エリア

北海道エリア、東北エリア、北陸電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア、沖縄電力エリア

 「ライトでんき」の料金プラン

ライトでんきには4つの料金プランがあります。

①「シンプルプラン」

大手電力会社より確実に安くしたい人はオススメです。

基本料金

プラン契約電流単位料金(税込)
ライトでんきシンプルプランHB30A1契約772.20円
40A1契約1,029.60円
50A1契約1,287.00円
60A1契約1,544.40円
ライトでんきシンプルプランHC6kVA~50kVA 未満1kVA257.40円

電力量料金

使用電力量単位料金(税込)
第1段階120kWh以下1kWh19.88円
第2段階120kWhを超え300kWh以下1kWh26.48円
第3段階300kWhを超え1kWh30.57円

 

②「ステップアッププラン」

使えば使うほどおトクに!たくさん電気を使う人にオススメのプランになります。

基本料金

プラン契約電流単位料金(税込)
ライトでんきステッププランHB30A1契約858.00円
40A1契約1,144.00円
50A1契約1,430.00円
60A1契約1,716.00円
ライトでんきステッププランHC6kVA~50kVA 未満1kVA286.00円

電力量料金

使用電力量単位料金(税込)
第1段階300kWh以下1kWh27.51円
第2段階300kWhを超え700kWh以下1kWh29.65円
第3段階700kWhを超え1200kWh以下1kWh29.04円
第4段階1200kWhを超え1700kWh以下1kWh28.43円
第5段階1700kWhを超え1kWh27.51円

 

③「ビジネスプラン」

お店や会社の電気をさらに安く!

プラン契約電流単位料金(税込)
ライトでんきビジネスプランHB30A1契約858.00円
40A1契約1,144.00円
50A1契約1,430.00円
60A1契約1,716.00円
ライトでんきビジネスプランHC6kVA~50kVA 未満1kVA286.00円

電力量料金

使用電力量単位料金(税込)
第1段階120kWh以下1kWh19.88円
第2段階120kWhを超え300kWh以下1kWh26.48円
第3段階300kWhを超え1kWh29.65円

④「動力プラン」

お店や会社の電気をさらに安く!動力も変更可能です

基本料金

ライトでんき

動力プランH

使用

電力量

単位料金(税込)
基本料金基本料金1kW1,088.34円
電力量料金夏季1kW17.37円
その他季15.80円

 

ライトでんきのメリット

ライトでんきにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

①電気代が安くなる

ライトでんきは低圧電力業界No. 1のハルエネが提供する新電力であり使用量によって電気代がお安くなります。まずはシュミレーションをしてきてください

電気代でお困りの法人・個人事業主様へ、電気コスト削減!【ライトでんき】

ライトでんきのデメリット

次は、ライトでんきのデメリットについて解説していきます。 どこの新電力会社でもメリットもあればデメリットもありますので、デメリットの部分もしっかり理解して総合的に判断して選ぶのがポイントです。

①家庭用電気プランがない

ライト電気は法人向けの新電力となっているため、一般家庭向けにはありません。一般家庭向けオススメな新電力会社もありますのでこちらをご参考ください。

おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年9月】 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

②解約手数料がかかる

ライトでんきの供給開始月から36ヵ月目とその翌月契約期間内に解約となる場合、契約解除料として9,800円(税抜)かかります。

ライトでんきの申し込み方法

 

ライトでんきの申し込みは、公式サイトで簡単にできますが、いきなり契約は受け付けてなく担当者が丁寧に教えてくれますのでますはシュミレーションをしてみましょう。

【ライトでんき公式サイト】



おすすめ新電力会社ランキング7選【2021年9月】 2016年4月に始まった電力の全面自由化は2021年4月までにおよそ1,800万世帯の家庭が旧大手電力会社から新電力会社...

まとめ

今回はライトでんきの特徴やメリットデメリットについて解説してきました。法人は電気代が数十万円と一般の家庭と違って金額が大きいです。金額が大きい分年間の電気代が1ヶ月分相当安くなる場合もあります。法人で大手電力会社の電気を自由化以降使用している場合は一度シュミレーションをしてみることをオススメします。安全面や停電の心配は今までと何一つ変わりません。せっかく電気が自由化になりましたのでその恩恵を受けてみてはいかがでしょうか。新電力会社はどこが一番いいという会社はありません。さまざまな会社がある中であなたの会社にあった最適な会社を見つけてみてくださいね。